シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ルネセア インナー ハイドレーション
(アルビオン
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ルネセア インナー ハイドレーション

アルビオン


ルネセア インナー ハイドレーション のオススメレベル

ルネセア インナー ハイドレーション の解析結果

髪のための化粧水にカチオン界面活性剤はまずいでしょう・・


ステアルトリモニウムクロリド、これは4級カチオン界面活性剤ですが、洗い流さないと非常に刺激やタンパク変性作用の強い成分なのであまり良くありません。
低配合量ですので過度な心配はいらないとも言えますが、安易な感触改良の手段であることの表れでもあります。
総合的には、
それなりの保湿効果を期待できる内容ではありますが、肌刺激の心配を乗り越えさせるほどの傑出した性能はありません。
そんなに有効性は高い方とはいえないので、危険を冒してまで使う必要性は薄いと見ます。

余談ですが、リン酸も赤潮の原因になるので環境負荷がちょっと懸念されます。


[PR]

ルネセア インナー ハイドレーション の全成分:

水,エタノール,アセチルグルタミン,セイヨウニワトコ花エキス,ダイズタンパク,ヒアルロン酸Na,ブドウ種子エキス,ベタイン,ポリメタクリロイルオキシエチルホスホルリルコリン,BG,PG,(ビスアブチロキシアモジメチコン/PEG-60)コポリマー,イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油,イソプロパノール,エチルヘキサン酸セチル,ジメチコン,ステアルトリモニウムクロリド,ポリソルベート80,リン酸2Na,リン酸Na,プロピルパラベン,メチルパラベン,香料

主な成分の解説をみるアセチルグルタミンは肌の保護成分であるグルタミンの安定化タイプで、肌のコラーゲン、ヒアルロン酸を150%-180増やす作用があると言われています。
セイヨウニワトコ花エキスは抗炎症、抗酸化、細胞活性化作用。
ブドウ種子エキスは、水溶性抗酸化物質プロシアジニンを豊富に含有。
ベタインはトリメチルグリシンというアミノ酸系保湿成分。浸透性に優れる保湿性を付与。
リピジュアは生体膜構造と類似した疑似細胞膜を作る水溶性ポリマーで、持続性のある高い保湿効果を付与します。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。

    ルネセア インナー ハイドレーション の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.8

  • 潤滑性 2
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:2
  • 持続性:2
  • 安全性:2
  • 即効性 2
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/250ml
  • 価格/2100円
  • 1mlあたり/8.4円

ルネセア インナー ハイドレーション の宣伝文,商品説明:

しっとりうるおう、髪のための化粧水。
髪に素早くなじんでうるおいを与え、 毛先までみずみずしさで満たします。
しなやかな指通りのサラサラ髪に導きます。