シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
セグレタ トリートメント
(花王
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

セグレタ トリートメント

花王


セグレタ トリートメント のオススメレベル

セグレタ トリートメント の解析結果

一般的なコンディショナーのレベルと大して変わらない。


ちょっと使用感にコクがある程度で、実際にトリートメントとしての働きを見ると何も特筆すべき点がない製品といえます。
美肌系エキスなどの配合はやや個性的ですが、頭皮に塗る仕様とはなっていないため役立つとは思えません。
髪に対してもこれといって違いを魅せるわけでもなく、魅力に欠ける印象です。

[PR]

セグレタ トリートメント の全成分:

水、ステアリルアルコール、セタノール、ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド、ジメチコン、DPG、セトリモニウムクロリド、ザクロエキス、センチフォリアバラ花水、ローヤルゼリーエキス、ダイズ種子エキス、センブリエキス、ユーカリ葉エキス、乳酸、ラノリン脂肪酸、ベンジルアルコール、ナフタレンスルホン酸Na、パラフィン、パルミチン酸イソプロピル、ステアロキシプロピルジメチルアミン、アモジメチコン、ヒドロキシエチルセルロース、トルエンスルホン酸、(ビスイソブチルPEG-15/アモジメチコン)コポリマー、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、ビスメトキシプロピルアミドイソドコサン、セテアレス-7、エタノール、BG、セテアレス-25、(C12-14)パレス-12、黄5、紫401、赤106、香料

主な成分の解説をみるステアロキシプロピルトリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、シリコーンとの相性が非常によく、すすぎ時の柔軟性、指通りと、乾燥後にまとまりのあるさらさら感を付与。
ローズ水はセイヨウバラまたはダマスクバラの花を水蒸気蒸留によって得られる芳香性の水。表皮からβ-エンドルフィンの遊離を促進する作用があり、皮膚細胞代謝活性化、メラニン生成抑制作用を持つ。
ローヤルゼリーエキスはコラーゲン、エラスチンの生成を促進するデセン酸や、保湿、ハリ、抗酸化作用を持つ栄養価の高い成分。
センブリエキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、育毛作用。
ユーカリ葉エキスは皮脂抑制、美白、収れん、抗菌作用。
パラフィンはロウソクやクレヨンでもおなじみのワックス成分で、化学的に安定し油性基剤として潤滑な感触を与える。
ステアロキシプロピルジメチルアミンとジメチコンのベースは、毛髪表面に優れた平滑な皮膜を形成。
アモジメチコンはアミノ変性シリコーンで、毛髪を艷やか、滑らかな指通り性を向上させ、ドライヤーによる乾燥時間を短縮しダメージ軽減。
ヒドロキシエチルセルロースはセルロース誘導体の一種で、粘度の調節、着色料の沈殿防止、接着力の増強などの目的で配合されます。
(ビスイソブチルPEG-15/アモジメチコン)コポリマーはポリエーテルとアミノ変性シリコーンのブロック共重合体。潤滑性、エモリエントな感触のアミノ誘導体シリコーン。 (ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマーは3次架橋構造の微細粒子で、滑らかなサラサラした感触が特徴。マットな効果を付与し、化粧品の安定性を高めます。
ビスメトキシプロピルアミドイソドコサンはイソドコサン二酸と3-メトキシプロピルアミンとの縮合物で、エモリエントで感触のいい油膜を形成。

    セグレタ トリートメント の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2

  • 潤滑性 2.5
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:2
  • 持続性:2
  • 安全性:2
  • 即効性 2
  • 費用対効果:2

  • 容量/180ml
  • 価格/998円
  • 1mlあたり/5.54円

セグレタ トリートメント の宣伝文,商品説明:

年齢による髪の変化に着目したトリートメントです。ザクロエキス、バラ、ローヤルゼリーエキス、センブリエキス、ユーカリエキスなどを配合。根元リフティング処方が、髪の内側と外側に働きかけ、健康的な艶としなやかなコシを与えます。髪1本1本を包みこみ、毛髪内部までなじみ、パサつきを防ぐ脂質を補給して補修します。根元ふんわり、毛先まとまる仕上がりに。気品あるアロマティックフローラルの香り。