シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
セレジョア トリートメント ダメージヘアー
(ネオフロンティア
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

セレジョア トリートメント ダメージヘアー

ネオフロンティア


セレジョア トリートメント ダメージヘアー のオススメレベル

セレジョア トリートメント ダメージヘアー の解析結果

見るからにしっとり系なトリートメントですね。


ベヘントリモニウムクロリドというしっとり系のカチオン界面活性剤から始まり、
アンズ油、カチオン化ハチミツをベースに添えています。
その他アミノ酸各種や抗酸化、抗炎症、清浄系のエキスを配合しています。
ベースはしっとりですが、べたつきを抑えるエステルを配合して感触をサラッとさせています。
充分なシットリ感を体感できる一品といえるでしょう。
カチオン化ハチミツはダメージ部に選択的に吸着して保湿効果を与えます。
全体として持続性ある補修効果はないものの、まずまず値段的にも納得の出来でしょうか。
コンディショナーと割り切れば充分。
主にシットリ感を与えたい、というだけであれば使って良いものでしょう。


[PR]

セレジョア トリートメント ダメージヘアー の全成分:

水、セタノール、ベヘントリモニウムクロリド、アンズ油、ミリスチン酸イソプロピル、ヒドロキシプロピルトリモニウムハニー、パルミチン酸エチルヘキシル、ステアルトリモニウムクロリド、イソステアリン酸水添ヒマシ油、ポリクオタニウム-10、ハチミツ、ローヤルゼリーエキス、ラベンダー花、/葉/茎エキス、ユーカリ葉エキス、ボタンエキス、アロエフェロックス葉エキス、クマザサエキス、ヒバマタエキス、シラカバ樹皮エキス、PPG-30ステアレス-4、イソプロパノール、エタノール、BG、セテス-20、PCA-Na、乳酸Na、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料

主な成分の解説をみるベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
ヒドロキシプロピルトリモニウムハニーははちみつのベタつきを完全に抑え、湿潤剤として4級化した低粘性の感触改善剤。低分子のカチオン化物です。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)はリンスでおなじみ柔軟剤成分ですが、刺激性がとても強く、強いタンパク変性作用を有するため頭皮につけたり、洗い流さない製品への配合はNG。
イソステアリン酸水添ヒマシ油は植物由来のペースト状油剤。ツヤ感、スムース感を与え溶けるような滑らかさを目的に使われます。
ハチミツは吸着持続性の高い保湿作用。
ローヤルゼリーエキスはコラーゲン、エラスチンの生成を促進するデセン酸や、保湿、ハリ、抗酸化作用を持つ栄養価の高い成分。
ユーカリ葉エキスは皮脂抑制、美白、収れん、抗菌作用。
アロエフェロックス葉エキスはケープアロエの葉から得たエキスで、美白作用、抗男性ホルモン、脱毛防止効果などを付与。
クマザサ葉エキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用、抗炎症作用、抗菌作用。
ヒバマタエキスは抗菌作用、スリミング作用。
シラカバエキスは白樺の葉、樹皮、木部から抽出。皮膚柔軟作用、保護、収れん、血行促進、抗炎症作用を付与。
シラカンバ樹液はコラーゲン産生促進作用。

    セレジョア トリートメント ダメージヘアー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.1

  • 潤滑性 2.5
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:2
  • 持続性:1.5
  • 安全性:2.5
  • 即効性 2
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/300ml
  • 価格/840円
  • 1mlあたり/2.8円

セレジョア トリートメント ダメージヘアー の宣伝文,商品説明:

頭皮にやさしいノンシリコントリートメントです。
アミノ酸を配合し、より髪のダメージ修復を補います。ノンシリコンとは思えないほどのサラサラ感です。