シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
資生堂プロフェッショナル スリークライナー トリートメント1
(資生堂プロフェッショナル
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

資生堂プロフェッショナル スリークライナー トリートメント1

資生堂プロフェッショナル


資生堂プロフェッショナル スリークライナー トリートメント1 のオススメレベル

資生堂プロフェッショナル スリークライナー トリートメント1 の解析結果

するっとタッチ、しかし凄みはなし。


あくまでコンディショナーの延長にすぎず、使用感は一見するりと滑らかタッチが心地よく感じる可能性もあります。
ただ、一時的な潤滑以上のメリットはなく、トリートメントというほど髪に影響力を与えられるものではありません。

特に低刺激というわけでもなく、メリットがいまいちない。


[PR]

資生堂プロフェッショナル スリークライナー トリートメント1 の全成分:

水、イソベンチルジオール、ソルビトール、ステアリルアルコール、ベヘニルアルコール、ジメチコン、ステアルトリモニウムクロリド、パルミチン酸エチルヘキシル、ジココイルエチルヒドロキシエチルモニウムメトサルフェート、アミノプロピルジメチコン、リシンHCI、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、アスコルビルグルコシド、PEG-90M、グルタミン酸、レシチン、アルギニン、ポリ-γ-グルタミン酸Na、チオタウリン、オノニスエキス、ポリクオタニウム-11、シソエキス、加水分解コンキオリン、イソプロパノール、PG、クエン酸Na、BG、シリカ、トコフェロール、BHT、フェノキシエタノール、メチルパラペン、香料

主な成分の解説をみるソルビトールはブドウ糖を還元して合成。保湿効果。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。
パルミチン酸エチルヘキシルは人工的に作られたベタつきのない油で、酸化安定性や使用感が天然油より良好。
ジココイルエチルヒドロキシエチルモニウムメトサルフェートは極めて高い安全性、安定性で低濃度でも優れたコンディショニング効果を付与。
アミノプロピルジメチコンがエモリエントな感触を与えるコーティング剤。
リシンHClはほとんどのたんぱく質の構成アミノ酸の1つとして存在。保湿効果。
マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリルはパルミトレイン酸を多く含み、人の皮脂に類似したエステル。
体温付近に融点があり、非常にタッチのいいオイルです。
アスコルビルグルコシドはビタミンCに糖をくっつけてビタミンCがすぐに分解されないように安定化した成分。
ポリ-γ-グルタミン酸は肌、髪を包む皮膜形成と、肌内部から保水力を引き出すコラーゲン産生促進作用を付与。
オノニスエキス(マメ科)はイソフラボンやタンニンなどを含み、KAP5遺伝子の発現を活性化させる作用でキューティクル強度を高める働きを付与。
シソエキスは抗炎症、防腐、収れん作用を特徴とするペリラアルデヒド、α-リモネンなどを含有。
加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。

    資生堂プロフェッショナル スリークライナー トリートメント1 の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.2

  • 潤滑性 3.5
  • 効果の深さ:2
  • 補修力:1.5
  • 持続性:2
  • 安全性:2
  • 即効性 1.5
  • 費用対効果:2

  • 容量/250ml
  • 価格/1350円
  • 1mlあたり/5.4円

資生堂プロフェッショナル スリークライナー トリートメント1 の宣伝文,商品説明:

くせ毛やうねりの髪に、毛髪の内外に働きかけ、湿気や熱などの悪影響を除去することで、ワンランク上の扱いやすい髪へと導きます。
くせやうねりの髪に対して、毛髪内外から働きかけ、湿気や熱などの悪影響を除去しワンランク上の扱いやすい髪へと導きます。
ラグジュアリーなフローラルをベースにフルーティーのエアリーさを加味した、澄みきった5月の空の下で咲くイリスのようなエレガントで凛とした香り。
柔らかい髪用。