シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
スパジリック コンディショナー
(ホメオパシック・エデュケーション
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

スパジリック コンディショナー

ホメオパシック・エデュケーション


スパジリック コンディショナー のオススメレベル

スパジリック コンディショナー の解析結果

ヘチマ水はユニークですが、それ意外は凡庸な二流リンス。


一般的な防腐剤を含まず、マイルド志向なのかなとおもいきやステアルトリモニウムクロリドをベースに据えていたり、
やや迷走気味な設計にも思えます。
総合すると、
これといって優れた効能というのもなく、かといって抜群にマイルドというわけでもない。
それでいて高額な支払いを要求されるのですから救いもない一品と見ていいでしょう。


[PR]

スパジリック コンディショナー の全成分:

ヘチマ水、セテアリルアルコール、グリセリン、オレス-2、ステアルトリモニウムクロリド、エタノール、ツバキ油、セテアリルグルコシド、カプリン酸グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル ー2、ラウリン酸ポリグリセリル- 10、オレンジ油、マイカ、酸化チタン、クエン酸、香料

主な成分の解説をみるヘチマ水は粘液質、サポニンを含有し、保湿、抗炎症作用、皮膚に潤いを与える効果。
グリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)はリンスでおなじみ柔軟剤成分ですが、刺激性がとても強く、強いタンパク変性作用を有するため頭皮につけたり、洗い流さない製品への配合はNG。
ツバキ油は、オレイン酸、リノール酸リッチなエモリエントオイルで、やや酸化されにくく固まりにくい性質のオイル。
オレンジ油はリモネンを主成分とする心地よい香りがリラックス効果を与えます。疲れや緊張をほぐし、保湿・皮膚の活性化、清浄作用を持つ精油です。
マイカ(雲母)はツヤ感と透明感が特徴。花崗岩などを由来としているため、光沢が美しい特徴があります。
酸化チタンは非常にきれいな白色の顔料で、紫外線散乱剤としても用いられる無機化合物です。