シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
タマリス TAMARIS プロディレクト Ce+
(タマリス
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

タマリス TAMARIS プロディレクト Ce+

タマリス


タマリス TAMARIS プロディレクト Ce+ のオススメレベル

タマリス TAMARIS プロディレクト Ce+ の解析結果

そこそこだが、バランスがいい。


18-MEAや擬似セラミドの補給でしっとり滑らかなタッチに調整する一品。
シンプルながらまずまずまとまりのいい内容。
総合すると、
処理剤、とは美容室で使われる髪のコントロール剤といった製品に当たりますが、
この製品はプロ用としてはややクオリティが低いかな、と。
カチオン界面活性剤も入っているので、手っ取り早く系の柔軟剤であり、肌への安全性は充分といえません。

単純にプロ用というには力不足が否めない処理剤であります。


[PR]

タマリス TAMARIS プロディレクト Ce+ の全成分:

水、セタノール、アモジメチコン、クオタニウム-33、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ケラチン(羊毛)、水添レシチン、(アミノエチルアミノプロピルメチコン/ジメチコン)コポリマー、ステアルトリモニウムクロリド、ジココジモニウムクロリド、ステアリルトリモニウムブロミド、BG、エタノール、イソプロパノール、クエン酸、クエン酸Na、1.2-ヘキサンジオール、メチルパラベン、プロピルパラペン、香料、橙205

主な成分の解説をみるアモジメチコンはアミノ変性シリコーンオイルをベースオイルとしたノニオン系エマルジョンで毛髪との親和性が高く、しっとり感、なめらか感を与え、まとまりを持続的にキープ。
クオタニウム-33は,エチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム液(1)という名称で、18-MEAを含む高いコンディショニング効果のカチオン界面活性剤。
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)は疑似セラミドと呼ばれ、ヒアルロン酸の2倍の保湿効果を発揮。

(アミノエチルアミノプロピルメチコン/ジメチコン)コポリマーはアミノ基を導入したシリコーンで、エモリエントな感触の被膜を形成します。
ステアルトリモニウムクロリド、ジココジモニウムクロリド、ステアリルトリモニウムブロミド(4級カチオン界面活性剤)はリンスでおなじみ柔軟剤成分ですが、刺激性がとても強く、強いタンパク変性作用を有するため頭皮につけたり、洗い流さない製品への配合はNG。

    タマリス TAMARIS プロディレクト Ce+ の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.6

  • 潤滑性 3
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:3
  • 持続性:2.5
  • 安全性:3
  • 即効性 2.5
  • 費用対効果:3

  • 容量/150ml
  • 価格/1980円
  • 1mlあたり/13.2円

タマリス TAMARIS プロディレクト Ce+ の宣伝文,商品説明:

多様な素材をコントロールし、デザインのバリエーションを広げるための処理剤シリーズ。
傷んだ髪に必要なセラミド・PPTや水分を補給し、髪のコンディションを整えるプレトリートメント剤。
アミノ酸系セラミドをナノ化することで、コルテックスの奥深くまで浸透し、毛髪の水分保持能・バリア能を高め髪にうるおいを与えます。
また、従来の2倍の保湿力を持つアセチル化ヒアルロン酸やハリコシを与えるケラチンPPT等の配合でパーマ技術をサポートします。