シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
タナメラヘアトリートメントクリーム
(タナメラジャパン
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

タナメラヘアトリートメントクリーム

タナメラジャパン


タナメラヘアトリートメントクリーム
タナメラヘアトリートメントクリーム のオススメレベル

タナメラヘアトリートメントクリーム の解析結果

肌にやさしいが、効果もとびきり低い。


頭皮ケアにしては油分がほとんどで今ひとつですし、ヘアクリームとしてはあまりにも平凡すぎる人工油(エステルオイル)ばかりのつまらない内容。
どっちつかずで使い勝手の良くなさそうな製品に見えます。
あまりオススメ度は高くないですね。
1つ1つの成分はしっかりしたものを据えていたりするのですが、
それぞれの成分の良さを活かせる製品としての形になっていないかな、と思います。
やや高額な支払いをするには物足りなさを禁じ得ない内容。
もう少し髪のケアに特化してもよかったのでは?


[PR]

タナメラヘアトリートメントクリーム の全成分:

水,トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル,セテアリルアルコール,セタノール,セテアレス-12,セテアレス-20,セテアリルアルコール,パルミチン酸セチル,ステアリン酸グリセリル,ホホバ油,セテアレス-20,イトヒメハギ根エキス,トコフェロール,ヤシ油,ハナハッカ葉油,タイムエキス,セイロンニッケイ樹皮エキス,ラベンダーエキス,ローズマリー油,レモン果実エキス,セイヨウハッカ葉エキス,ヒドラスチスカナデンシスエキス,オリーブ油,クエン酸,銀

主な成分の解説をみるトリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルはベタつかない使用感で皮膚を滑らかににし、保湿作用のある油剤。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
イトヒメハギ根エキスは別名オンジと呼ばれるサポニンなどを含む生薬で、抗浮腫作用などの整肌作用、抗炎症作用などを付与します。
ハナハッカ葉エキスオレガノのことで、酸素ラジカル吸収力を持つ抗酸化ハーブです。オレガノのスプーン一杯はリンゴ1個分に相当する抗酸化力があります。
タイムエキスはシソ科タチジャコウソウの茎、葉、花から抽出。収れん、消炎、保湿作用、肌のキメを整える作用。
セイロンニッケイ樹皮エキスシナモンという名で有名な樹皮エキスで、抗菌・収れん・保湿・育毛・整肌作用を与え、抗酸化のみならず抗糖化作用も付与します。
ラベンダー花エキスは抗酸化作用、抗炎症、抗菌、発汗作用。
ローズマリー油はシソ科・清涼感のあるすっきりした香りが特徴。集中力や記憶力を高める効果があるとされ、気持ちをはっきりさせたい時に使われる精油です。
セイヨウハッカ葉エキスは抗酸化作用、ヒアルロン酸産生促進作用、皮脂の抑制、収斂、血行促進効果。
ヒドラスチスカナデンシスエキスはタンニンの働きで肌の引き締め効果を付与します。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
タナメラヘアトリートメントクリーム

    タナメラヘアトリートメントクリーム の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.7

  • 潤滑性 1.5
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:1
  • 持続性:1.5
  • 安全性:2.5
  • 即効性 1.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/175ml
  • 価格/3129円
  • 1mlあたり/17.88円

タナメラヘアトリートメントクリーム の宣伝文,商品説明:

乾いた髪にも濡れたれた髪にも使用できる、ココナッツオイル・ホホバオイル配合の栄養を与えるタナメラ ヘアトリートメントクリーム です。
頭皮ケアに使用すると、毛皮を活性化し細胞に働きかけ髪を根元から健康にします。