シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
THE コンディショナー・インポシブル
(オー・トゥー・コーポレーション
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

THE コンディショナー・インポシブル

オー・トゥー・コーポレーション


THE コンディショナー・インポシブル のオススメレベル

THE コンディショナー・インポシブル の解析結果

成分名だけ見たら一流品


ですが、総合的に判断するとインパクトはさほど強くないのかな、という印象。
というのは、成分の数が異常に多いこと、また、ベースの油剤の質が高くない、八方美人すぎる処方で1つ1つの成分の有効濃度が期待できない、
といった負の面も免れない設計といえるからです。


平均点は高いが、傑出した成分は無し


補修・コーティング・保湿・潤滑・ツヤなどの補給はバランスよくまとまっているように見えます。
実際、使い続ければ髪コンディションのベースアップはある程度望めるでしょう。
ただ、逆にいえば即効性や一流と呼べるような明確なリペア効果はなく、
あまり一般的なトリートメントと違いを感じにくい仕上がりでしょう。

タイプとしては、集中ケアというより日常使いで少しずつ改善させていく、じんわり補修タイプのトリートメントといえます。
肌にマイルドである点は好ましく、日々安心して使えるデイリートリートメントとしての活用が望まれます。


[PR]

THE コンディショナー・インポシブル の全成分:

水・水添ナタネ油アルコール・ミリスチン酸イソセチル・ベヘナミドプロピルジメチルアミン・ステアリン酸グリセリル・ベタイン・シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール・ヘマチン・加水分解コラーゲン・加水分解ケラチン(羊毛)・加水分解シルク・加水分解コンキオリン・ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン(羊毛)・ヒドロキシプロピルトリモニウムハニー・ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム・ヒドロキシプロピルキトサン・ジラウロイルグルタミン酸リシンNa・ゼイン・グリコシルトレハロース・ポリクオタニウム-61・アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCI・ココイルアルギニンエチルPCA・ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)・セラミド6・セラミド3・セラミド2・ポリクオタニウム-92・クオタニウム-33・コレステロール・グリチルリチン酸2K・フラーレン・ホホバ種子油・マカデミアナッツ油・ベヘニルアルコール・グリセリン・イソステアリン酸フィトステリル・ソルビトール・グリコール酸・PCA-Na・ポリクオタニウム-10・BG・DPG・パンテノール・トコフェロール・センブリエキス・オタネニンジン根エキス・ローズマリーエキス・ローマカミツレ花エキス・フユボダイジュ花エキス・ヤグルマギク花エキス・トウキンセンカ花エキス・カミツレ花エキス・セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス・セリン・グリシン・グルタミン酸・リシン・アラニン・トレオニン・プロリン・アルギニン・加水分解水添デンプン・PVP・ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10・ステアロイル乳酸Na・レウコノストック/ダイコン根発酵液・フェノキシエタノール・エチルヘキシルグリセリン・エタノール・乳酸・PEG-90M・ペンテト酸5Na・クエン酸・塩化Na・オレンジ果皮油・グレープフルーツ果皮油・ラベンダー油・メチルパラベン・プロピルパラベン・ソルビン酸・水酸化AI・BHT

主な成分の解説をみる水添ナタネ油アルコールはエモリエント効果、保護効果、光沢を与える乳化剤、油性基剤。
ベヘナミドプロピルジメチルアミンは3級カチオン界面活性剤で低刺激ですがコンディショニング効果は高くない成分。
ベタインはトリメチルグリシンというアミノ酸系保湿成分。浸透性に優れる保湿性を付与。
シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール(ネオソリュー アクリオ)は毛髪への有効成分の浸透促進、優れた感触改善効果、高い安定性を持つ安全性の高い油剤です。
ヘマチンは主に豚の血液中のヘモグロビンからグロビンを分離したもの。髪のケラチンへの強い結合力により、毛髪補強,脱毛の抑制,活性酸素除去,チオグリコール酸(パーマ)臭除去,染毛促進などに寄与。
加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。
ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン(プロティキュート)はカチオン化されたケラチンで、ダメージ部へのハリ・コシ改善、指通り・ツヤ・カラーロック効果を付与。
ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウムヒアロベールと呼ばれるカチオン化ヒアルロン酸で、すすいでも落ちにくい特性を持った保湿作用を付与します。
ヒドロキシプロピルキトサンは、カニの甲殻を形成する多糖類キチンを脱アセチル化して得たキトサンの酸化プロピレン付加物で、強靭で柔軟性のある皮膜を形成する。
また、保湿、ニキビ抑制効果もジラウロイルグルタミン酸リシンNaは通称ペリセア。優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪にも浸透、補修、弾力向上、潤滑性向上、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。
ゼインはトウモロコシ由来の非水溶性たんぱく質で、シリコーンに匹敵する指通り・被膜形成力と毛髪のハリ向上、カラーロック、皮膚付着性向上、毛髪強度向上、ツヤ向上といった効果を与える。
グリコシルトレハロースはトウモロコシデンプン由来のトレハロースにグルコース(ブドウ糖)が数個結合した多糖体。べたつかず、高い保湿力、細胞活性化作用を付与する。
ポリクオタニウム-61(リピジュア NR)は人の細胞膜を構成するリン脂質をモデルにした水溶性ポリマー。ヒアルロン酸の2倍の保湿力と持続性を持ち、生体適合性を持つ安全性の高い成分です。
アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHClはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、生分解性に優れ滑らかな感触を付与します。
ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、安全性が高く抗菌効果を持ち、滑らかなコンディショニング効果を付与します。
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)(エルデュウ PS-203)は疑似セラミドと呼ばれ、ヒアルロン酸の2倍の保湿効果を発揮。ナノ化セラミドとも呼ばれ、保湿・浸透性が優れます。
セラミド2,3,6-2,イソステアリン酸フィトステリル、ベヘニルアルコール,ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアロイル乳酸Naは水中でラメラ層を形成する安定型セラミド配合物。ポリクオタニウム-92は別名セラキュートで、セラミドを模倣した構造でベタつきのない良質な使用感とより自然なツヤを与えます。
クオタニウム-33は,エチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム液(1)という名称で、18-MEAを含む高いコンディショニング効果のカチオン界面活性剤。
フラーレンは1996年クロトー博士に発見されたノーベル化学賞受賞成分で、ビタミンCの125倍の抗酸化作用、プラセンタの800倍のコラーゲン産生促進作用を持つ成分。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
マカデミアナッツ油はパルミトレイン酸を多く含み、人の皮脂に類似したエステル。
体温付近に融点があり、肌に馴染み良くタッチが良いオイルです。
グリコール酸はサトウキビ、ブドウの実、葉に含まれる有機酸で、化粧品原料ではクロロ酢酸やグリシンを基に合成。角層の柔軟、除去効果により乾燥してザラついた肌を滑らかにするピーリング効果を有するカミツレ,セイヨウオトギリソウ,トウキンセンカ,ボダイジュ,ヤグルマギク,ローマカミツレエキスは角質水分量増加、抗炎症作用、抗酸化作用を付与。
セイヨウオトギリソウエキスは抗炎症、創傷治癒、抗酸化、皮膚軟化、浄化作用。
アミノ酸各種が毛髪、皮膚に対して親和性を持つ保湿作用を与え、しなやかな感触に。
オレンジ油はリモネンを主成分とする心地よい香りがリラックス効果を与えます。疲れや緊張をほぐし、保湿・皮膚の活性化、清浄作用を持つ精油です。

    THE コンディショナー・インポシブル の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.4

  • 潤滑性 3.5
  • 効果の深さ:4
  • 補修力:3.5
  • 持続性:2.5
  • 安全性:4
  • 即効性 3
  • 費用対効果:3.5

  • 容量/320ml
  • 価格/4104円
  • 1mlあたり/12.83円

THE コンディショナー・インポシブル の宣伝文,商品説明:

目先だけの表面的なキレイではなく根本的な補修・保護によって髪本来の自然な美しさを追求しました。
髪だけではなく頭皮にも細心の配慮をして《安心して使えるコンディショナー》をめざしました。