シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ザ・ヘアケア アデノバイタル スカルプエッセンス
(資生堂
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ザ・ヘアケア アデノバイタル スカルプエッセンス

資生堂


ザ・ヘアケア アデノバイタル スカルプエッセンス のオススメレベル

ザ・ヘアケア アデノバイタル スカルプエッセンス の解析結果

スカルプエッセンスにラウリル硫酸Naはどうかと思います


配合エキス自体はさすがだな、と思わせる選定でありますが、密かに配合されているラウリル硫酸Naには賛同できません。
浸透性を高めるため?なのかと思いますが、今どきラウリル硫酸Naを使うところもありません。

アデノシン、ホップ、シソ、オノニスなどのエキス類は育毛効果を期待される質の良い成分といえます。
ただし、値段を考えると割高感はやや否めず、決定的な育毛効果があるぞ、というほど期待値の高いものともいえません。
さらに、ラウリル硫酸Na配合となると、おすすめ度も落ちてしまいます。


[PR]

ザ・ヘアケア アデノバイタル スカルプエッセンス の全成分:

有効成分
アデノシン(生体内薬用成分)、パナックスジンセンエキス(ニンジンエキス)、ソフォラ抽出液(クジン抽出液)、β-グリチルレチン酸、パントテニールエチルエーテル、酢酸DL-α-トコフェロール その他の成分
オノニスエキス、シソエキス(1)、ホップエキス、サンショウエキス、アルニカエキス、デシルテトラデシルジメチルアミンオキシド液、イソステアリルアルコール、エタノール、精製水、ジプロピレングリコール、ソルビット液、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、1,3-ブチレングリコール、I-メントール、ラウリル硫酸ナトリウム、DL-リンゴ酸、ビニルピロリドン、N,N-ジメチルアミノエチルメタクリル酸共重合体ジエチル硫酸塩液

主な成分の解説をみるホップエキスは抗酸化作用、抗菌作用、女性ホルモン様作用による育毛効果。また、メラノサイトを活性化させる作用があり、白髪の予防も期待されます。
アデノシン三リン酸2Naは高エネルギーによる皮膚細胞を活性化させる効果でアンチエイジング効果を付与。
ニンジン抽出液はオタネニンジンのエキスで、多くのサポニンを含み育毛・血流促進作用を付与。
β-グリチルレチン酸は腋臭の原因菌の1つと言われるコリネバクテリウムキセロシスに対して殺菌効果が高い成分です。
抗炎症・苦味の緩和作用も。
パンテニルエチルは広く使われているプロビタミンで、毛髪の持続的な潤い、ツヤをあたえる。
オノニスエキス(マメ科)はイソフラボンやタンニンなどを含み、KAP5遺伝子の発現を活性化させる作用でキューティクル強度を高める働きを付与。
シソ葉エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進、収れん作用、抗アレルギー作用、発汗作用。
サンショウ果実エキスは山椒の実から得たエキスで、血行促進、抗菌、防腐、収れん作用を付与します。また、頭皮に刺激を与えることにより育毛効果も。
アルニカ花エキスは抗酸化作用、メラニン生成を抑制。
ラウリル硫酸Naは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。
リンゴ酸はフマル酸、ブドウ糖から合成して作られ、角質柔軟、pH調整目的で配合。弱酸性へ傾ける力が強く、刺激に感じる場合も。

    ザ・ヘアケア アデノバイタル スカルプエッセンス の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.8

  • 潤滑性 3
  • 効果の深さ:3
  • 補修力:3
  • 持続性:3
  • 安全性:4
  • 即効性 2
  • 費用対効果:2

  • 容量/180ml
  • 価格/6480円
  • 1mlあたり/36円

ザ・ヘアケア アデノバイタル スカルプエッセンス の宣伝文,商品説明:

育毛メカニズムにダイレクトに作用する薬用有効成分が毛根まで浸透することで美しい髪の発毛を促進し、豊かに育みます。