シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
THE SCALP 5.0C(ザ スカルプ)
(美彩
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

THE SCALP 5.0C(ザ スカルプ)

美彩


THE SCALP 5.0C(ザ スカルプ) のオススメレベル

THE SCALP 5.0C(ザ スカルプ) の解析結果

本気度を感じるだけの中身です。


配合トップ成分からして、育毛をやる気満々といった印象のトニック。
アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキスですが、理論上は相当な育毛効果があると見ていいほど期待値が高い処方といえます。


その他にも、サンショウ果実エキスもいいですね。頭皮ケアでお馴染みのエキスも配合、さらにペプチドの添加も見受けられ、
高いなりの説得力はあるのではないか、といえる全成分です。
果たして、他の育毛系で有名な製品、成分(例えばミノキシジルやフィナステリドなど)にどこまで対抗できるか、注目でありますが、
ある程度楽しみな製品の1つと紹介しておきましょう。


[PR]

THE SCALP 5.0C(ザ スカルプ) の全成分:

水、BG、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、フムスエキス、カミツレ花エキス、センブリエキス、オタネニンジン根エキス、クエン酸Na、 サンショウ果実エキス、プルサチラコレアナエキス、ウスニアバルバタエキス、銀、オクタペプチド−2 、ダイズ種子エキス、アロエベラ葉エキス、カンゾウ根エキス、イノシトール、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ花/葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミレツ花エキス、アラントイン、グリチルリチン酸2K、オリゴペプチド−41、プラセンタエキス、黒砂糖、酵母発酵エキス、PCA−Na、ソルトビール、セリン、グリシン、アラニン、トレオニン、グルタミン酸、リシン、プロリン、アルギニン

主な成分の解説をみるアセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキスは育毛成長期を誘導し、頭髪再生効果を与えるペプチド。
育毛医薬品原料以上の育毛効果を示し、極めて強力な育毛環境改善効果。
アカツメクサ花エキスは女性ホルモン様作用を示すイソフラボンリッチな成分で、抗炎症、抗菌、収れん、保湿作用を示す。
フムスエキスは海底から採れる珪藻土を原料としたエキスで、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、フルボ酸を含有。皮膚代謝活性、ヒアルロン酸様の保湿効果、抗アレルギー作用を付与。
カミツレ花エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、女性ホルモン様作用、抗炎症、血行促進、発汗作用を付与。
センブリエキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、育毛作用。
サンショウ果実エキスは山椒の実から得たエキスで、血行促進、抗菌、防腐、収れん作用を付与します。また、頭皮に刺激を与えることにより育毛効果も。
オクタペプチド-2(プロヘアリンβ4)は毛根で幹細胞が毛包下端まで移動する間に幹細胞の成長・分化を促進し、育毛に寄与するサイトカイン(細胞間シグナル)です。
ゴボウ根エキスはコラーゲン産生促進、抗炎症作用、収れん作用、発汗作用、脱毛防止、抗菌作用。
アラントインは牛の羊膜の分泌液から発見され、尿素から合成、もしくはコンフリーから抽出され原料化されている成分。抗炎症作用、細胞活性化作用が優れる 。
グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。
プラセンタエキスは保湿、抗アレルギー作用、線維芽細胞増殖促進作用。

    THE SCALP 5.0C(ザ スカルプ) の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.5

  • 効果の深さ:3
  • 持続性:3.5
  • 全体の安全性:3.5
  • 即効性 4
  • 育毛力 4
  • 費用対効果:3

  • 容量/80ml
  • 価格/15000円
  • 1mlあたり/187.5円

THE SCALP 5.0C(ザ スカルプ) の宣伝文,商品説明:

キャピキシル配合スカルプローション
再生治療にも活用されている成長因子を含む41種類の成分を配合
毎日使用するものだから使用感にもこだわりました。(サラサラ・無香料・無添加)

[PR]
THE SCALP 5.0C(ザ スカルプ) 2017 (c)トリートメント解析ドットコム