シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ティモテ ピュア トリートメント
(ユニリーバ
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ティモテ ピュア トリートメント

ユニリーバ


ティモテ ピュア トリートメント のオススメレベル

ティモテ ピュア トリートメント の解析結果

効果が低いばかりか肌に悪い。

ベースは凡庸で安いリンス並、アルギニン、グルタミン酸といったアミノ酸が保湿作用を示しますが、限定的な効能。
糖類であるマルトデキストリンも同様に保湿作用。
そして、ドデシルベンゼンスルホン酸TEAが何故か配合されていますね。
これは、刺激性も強く、むしろ洗浄剤でありますので、どういう意図があるにしても褒められた造りとはいえません。

パラフィンは石油を由来とする炭化水素ですし、「オーガニック」というにはだいぶ無理があると言っていいのではないでしょうか。
シャンプーでは「ノンシリコーン」と謳っていて、トリートメントの補いうにはあっさりシリコーン誘導体を配合しているのも解せません。
何のポリシーもなく造られたであろう、安っぽくリンス以上でも以下でもない一品です。


[PR]

ティモテ ピュア トリートメント の全成分:

水、ステアリルアルコール、グリセリン、ジメチコノール、ベヘントリモニウムクロリド、チャ葉エキス、シア脂、マルトデキストリン、アルギニン、グルタミン酸、パラフィン、DPG、ポロキサマー217、アモジメチコン、ドデシルベンゼンスルホン酸TEA、(C12-14)パレス-5、(C12-14)パレス-7、酢酸、メチルパラベン、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料

主な成分の解説をみるジメチコノールは親和性が向上し、しっとりした感触を与えます。
ベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
チャ葉エキスは抗酸化作用に優れ、過剰な皮脂の抑制、抗アレルギー作用、抗菌、抗炎症、脂肪分解作用などを付与。
シア脂は、中央アフリカに分布するシアの種子から得た脂肪で、紫外線吸収、毛髪の滑り感低下抑制、キューティクル保護、毛髪強度向上、血行促進効果を付与。
パラフィンはロウソクやクレヨンでもおなじみのワックス成分で、化学的に安定し油性基剤として潤滑な感触を与える。
アモジメチコンはアミノ変性シリコーンで、毛髪を艷やか、滑らかな指通り性を向上させ、ドライヤーによる乾燥時間を短縮しダメージ軽減。
ドデシルベンゼンスルホン酸TEAは以前は日本でも使用禁止だった肌荒れリスクの高い洗浄剤。無いに越したことはないタイプの成分です。

    ティモテ ピュア トリートメント の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.3

  • 潤滑性 1.5
  • 効果の深さ:1
  • 補修力:1.5
  • 持続性:1
  • 安全性:1.5
  • 即効性 1.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/500ml
  • 価格/991円
  • 1mlあたり/1.98円

ティモテ ピュア トリートメント の宣伝文,商品説明:

厳しい基準を満たした天然由来の「オーガニック認証成分(オーガニック グリーンティーエキス:保湿成分)、オーガニック シアバター:保湿成分)」配合。
合成着色料無添加。
髪の芯までうるおい成分が深く浸透。
髪表面のキューティクルを包みこみ、うるおいを閉じ込めます。
ひどくパサついた髪もしっとりまとまる。
天然エッセンシャルオイル(レモンオイル、レモングラス、ユーカリオイル、ライムオイル)配合の香料。