シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
LUSH トリプルルン [リキッドコンディショナー]
(LUSH
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

LUSH トリプルルン [リキッドコンディショナー]

LUSH


トリプルルン リキッドコンディショナー
LUSH トリプルルン [リキッドコンディショナー] のオススメレベル

LUSH トリプルルン [リキッドコンディショナー] の解析結果

ラウリル硫酸Naでトリートメント?


実態は、PG、ラウリル硫酸Naがベースを作り、刺激性・浸透性はトップレベル。髪はダメージさせられます。
コンディショナーという名前と裏腹に、使うほどに傷む髪、といったところ。
プルるんとするのは最初だけ。
ついでに、ラノリンもアレルギーの懸念があり、かつラウリル硫酸Naで浸透も促進するので、肌に弱い方には試練としかいいようがない一品です。


[PR]

LUSH トリプルルン [リキッドコンディショナー] の全成分:

水,ゲリジウムカーチラギネウムエキス,PG,ダイズ種子エキス,セテアリルアルコール,ラウリル硫酸Na,メロン果汁,オリーブ油,香料,ヨーグルト,アボカド油,ラノリン,セトリモニウムブロミド,ホホバ種子油,ニオイスミレ油,オレンジ花油,ビターオレンジ花油,メチルパラベン,プロピルパラベン

主な成分の解説をみるダイズ種子エキスは収れん作用、抗菌作用、免疫増強作用。
ラウリル硫酸Naは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
アボカド油は皮膚親和性が高く柔軟効果に優れる。
ラノリンは抱水性が高いエステルですが、アレルギー性が比較的高い。吸着精製ラノリンはアレルギー性が除かれている。
セトリモニウムブロミドは4級カチオン界面活性剤で、制菌力は優れるが殺菌力は弱い。粘膜刺激性やタンパク変性作用があり、洗い流さない製品には向きません。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
オレンジ花油はネロリと呼ばれ、グリーン系を感じるフローラル調の豊かな香りが特徴。気分のリフレッシュ効果、整肌作用、肌のハリを改善する効果があります。
トリプルルン リキッドコンディショナー

    LUSH トリプルルン [リキッドコンディショナー] の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.1

  • 潤滑性 1.5
  • 効果の深さ:1
  • 補修力:1
  • 持続性:1
  • 安全性:1
  • 即効性 1
  • 費用対効果:1

  • 容量/250ml
  • 価格/2500円
  • 1mlあたり/10円

LUSH トリプルルン [リキッドコンディショナー] の宣伝文,商品説明:

豆乳、ヨーグルト、メロンでしっとり
ダメージヘア用のコンディショナー。
豆乳、ヨーグルト、フレッシュメロンが、傷んだヘアに水分とつやを与えます。
使い続けるほどに髪質の変化が実感できるから、いつもの3倍しっとりツヤツヤヘアにしたいあなたに。