シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
トルマシルキー コンディショナー
(ゲンキ
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

トルマシルキー コンディショナー

ゲンキ


トルマシルキー コンディショナー のオススメレベル

トルマシルキー コンディショナー の解析結果

特に違いがあるわけでもないリンス剤。


コンディショナーと言われればそれまでですが、変わった魅力もない、淡々とした中身です。
軽く指通りを改善させる程度で、長続きも有効性も小さく、おとなしい効能です。

そのわりに値段は割高すぎ。
トルマリンが配合されたからといってコンディショニング効果が著しくアップするということも考えづらい。
ちょっと手を抜きすぎな印象も。


[PR]

トルマシルキー コンディショナー の全成分:

水、グリセリン、セトリモニウムクロリド、ステアリルアルコール、セタノール、エタノール、ベヘントリモニウムクロリド、ジメチコン、シクロメチコン、ホホバ油、パルミチン酸オクチル、トルマリン、加水分解シルク、クエン酸、センブリエキス、オタネニンジンエキス、ヒキオコシエキス、クララエキス、ポリクオタニウム-7、オレス-7、クエン酸Na、赤106、青1、ベンザルコニウムクロリド、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、香料

主な成分の解説をみるセトリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤。
ベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
シクロメチコンは揮発性シリコーンで、ベースの油剤、溶剤として有用ですが、揮発速度が遅く粘度が高いため、肌への残った感があります。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
センブリエキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、育毛作用。
オタネニンジン根エキスは育毛、血行促進、コラーゲン産生促進、免疫増強、抗アレルギー、抗炎症作用。
クララエキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用、線維芽細胞増殖促進作用、肌バリヤ機能強化、CMC形成促進、抗菌、脱毛防止などを付与。

    トルマシルキー コンディショナー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.6

  • 潤滑性 1.5
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:1.5
  • 持続性:1.5
  • 安全性:1.5
  • 即効性 2
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/1000ml
  • 価格/3990円
  • 1mlあたり/3.99円

トルマシルキー コンディショナー の宣伝文,商品説明:

トルマリン配合、髪を芯からイキイキと導くヘアサロン向けリンスです。
トルマリン、ホホバ油、植物エキス、シルクPPT、フルーツ酸配合。
髪のコンディションを整え、ツヤのある髪へと導きます。