シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
TSUBAKI ヘッドスパ マッサージスパマスク
(資生堂
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

TSUBAKI ヘッドスパ マッサージスパマスク

資生堂


TSUBAKI ヘッドスパ マッサージスパマスク のオススメレベル

TSUBAKI ヘッドスパ マッサージスパマスク の解析結果

ネーミングとマッチせず


ヘッドスパ、マッサージ・スパ、といったネーミングですから、当然頭皮に塗るものと思われるでしょう。
しかし、ベヘントリモニウムクロリド、ステアルトリモニウムクロリドといったカチオン界面活性剤が普通に配合されている時点でNGです。
カチオン界面活性剤は柔軟性を与え静電気を抑制する効果などがありますが、タンパク変性作用による殺菌という役割もあり、これが肌には大きなデメリットとなります。


頭皮のタンパク変性を起こしたい、肌荒れ上等、そういった方を除いては、全く頭皮に塗るメリットのない製品。
よほど頭皮を刺激したい理由がある場合以外では使わないことを推奨。


[PR]

TSUBAKI ヘッドスパ マッサージスパマスク の全成分:

水、ソルビトール、イソペンチルジオール、ジメチコン、セタノール、ベヘントリモニウムクロリド、ミネラルオイル、ベヘニルアルコール、アミノプロピルジメチコン、タマリンドガム、ステアルトリモニウムクロリド、ヒドロキシエチルウレア、ハッカ油、ステアリルジヒドロキシプロピルジモニウムオリゴ糖、トウツバキ種子油、ローズヒップ油、セージ油、(プロピルトリモニウムクロリドアクリルアミド/ジメチルアクリルアミド)コポリマー、トウガラシエキス、ショウキョウエキス、ツバキ花エキス、イソプロパノール、DPG、PG、エタノール、クエン酸、シア脂、 BG、フェノキシエタノール、香料、赤227、黄4、緑201

主な成分の解説をみるソルビトールはブドウ糖を還元して合成。保湿効果。
イソペンチルジオールは多価アルコールであり、単に保湿剤、抗菌剤として使われる他、溶剤としても用いられる安全性の高いアルコールです。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
ベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
ミネラルオイルは石油原油を蒸留し固形パラフィンを除去した炭化水素系油剤。
皮膚によく延び、浸透性がないため無刺激。油との相溶性が強く、クレンジング基剤としても広く使われる油剤。
アミノプロピルジメチコンがエモリエントな感触を与えるコーティング剤。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)はリンスでおなじみ柔軟剤成分ですが、刺激性がとても強く、強いタンパク変性作用を有するため頭皮につけたり、洗い流さない製品への配合はNG。
ヒドロキシエチルウレアはグリセリンの倍以上の保湿性能、シリコーンとの相乗効果が高く、べたつかず優れた保湿効果を発揮。
ハッカ油はすぅーっとした清涼感でおなじみ、さらに抗菌・消臭・集中力を高める効果を与えます。
ステアリルジヒドロキシプロピルジモニウムオリゴ糖はダメージ毛のパサつきを改善するとともに、適度な硬さ(粘度)が使用感を高めるカチオン界面活性剤。
トウガラシエキスは殺菌、血行促進、抗酸化、代謝促進作用。
ショウキョウエキスはショウガの根茎から抽出。血行促進、殺菌、発汗促進作用をはじめ、メントールの清涼作用を増強させる効果も。
トウガラシエキスは殺菌、血行促進、抗酸化、代謝促進作用。
ツバキ花エキスは抗酸化作用、5α-リダクターゼ阻害作用(抗男性ホルモン様作用)を発揮。
シア脂は、中央アフリカに分布するシアの種子から得た脂肪で、紫外線吸収、毛髪の滑り感低下抑制、キューティクル保護、毛髪強度向上、血行促進効果を付与。

    TSUBAKI ヘッドスパ マッサージスパマスク の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.8

  • 潤滑性 2
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:1.5
  • 持続性:2
  • 安全性:1.5
  • 即効性 2
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/180ml
  • 価格/890円
  • 1mlあたり/4.94円

TSUBAKI ヘッドスパ マッサージスパマスク の宣伝文,商品説明:

マッサージで地肌に働きかけることで髪にツヤをあたえるトリートメントです。。ヤマトウツバキ種子油、ヒドロキシエチルセルウレア、(PA/MA)コポリマー配合で、髪にツヤを与え、頭皮に働きかけます。
フケ・かゆみをふせぎます。香りはアロマブレンド。