シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
椿油竹炭コンディショナー
(日本漢方研究所
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

椿油竹炭コンディショナー

日本漢方研究所


椿油竹炭コンディショナー のオススメレベル

椿油竹炭コンディショナー の解析結果

スキャルプケアエキスをたくさん配合したタイプのコンディショナーですが


残念。
普通レベルのリンスに頭皮改善系エキスを放り込んだ雑な印象。
ジメチコンをベースに、油性成分はベタで安上がり(もしくは古くさい)な処方。
ステアルトリモニウムクロリドもベースに含まれるので、頭皮には刺激性が高く塗るべきではありません。
しかし、ここから続くのは頭皮に有効性を与えることを想定したエキス。 炭、ツバキ、竹酢液に始まり、抗炎症・抗酸化・血行促進・抗菌・収れん・保湿作用を中心に付与するエキスをたっぷり投入。
シメチコンなんて久しぶりに見ました。シリコーンの一種です。
変性アルコール、ジステアリルジモニウムクロリドや、ベヘントリモニウムクロリドが微量配合。
スクワラン、コラーゲンといった保湿成分も少し配合。
総合すると
リンスとしては何てことはない凡庸なレベルで、よくある安いリンスの気休め的コンディショニング効果です。
エキス類は色々ありますが、頭皮に塗ることはオススメできない内容なので詳細は省きます。
要は、あまりオススメな製品ではないってことになります。


[PR]

椿油竹炭コンディショナー の全成分:

ジメチコン、ステアリルアルコール、DPG、ステアリン酸グリセリル、パルミチン酸セチル、ステアルトリモニウムクロリド、グリセリン、炭、ツバキ油、竹酢液、ビワ葉エキス、ハマメリスエキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレエキス、セイヨウオトギリソウエキス、セイヨウキズタエキス、ブドウ葉エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、オランダカラシエキス、センブリエキス、マツエキス、ゴボウ根エキス、オタネニンジンエキス、ニンニクエキス、水溶性コラーゲン、スクワラン、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ヒドロキシエチルセルロース、BG、シメチコン、ステアリン酸PEG-55、ラウレス-4、ラウレス-23、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、変性アルコール、エタノール、フェノキシエタノール、ジステアリルジモニウムクロリド、ベヘントリモニウムクロリド、香料、安息香酸Na、メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン

主な成分の解説をみるジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)はリンスでおなじみ柔軟剤成分ですが、刺激性がとても強く、強いタンパク変性作用を有するため頭皮につけたり、洗い流さない製品への配合はNG。
は多孔質の特徴を活かし、汚れ、皮脂を吸着して除去する効果、脱臭作用を与える無刺激成分。
竹酢液は竹から得られた原液を電解処理したもの。抗フケ、抗菌、毛細血管拡張による血行促進、免疫増強効果を付与。
ビワ葉エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進、メラニン生成を抑制、収れん作用、抗菌、抗炎症作用。
ハマメリス葉エキスは穏やかな抗炎症作用を付与。
アルニカ,オドリコソウ,オランダカラシ,ゴボウ,セイヨウキズタ,ニンニク,マツ,ローズマリー,ローマカミツレエキスは、抗菌・抗酸化・抗フケ・育毛・抗脂漏性皮膚炎を期待するエキスセットです。
センブリエキスは抗酸化、コラーゲン産生促進、育毛作用を付与。
スクワランは人の皮脂にも3-4%含まれる保湿成分で、刺激なく油分と水分を乳化させ保湿作用を示し、不足すると肌の乾燥、代謝の低下をまねきます。
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドはマメ科グアから採れる多糖類にカチオンをもたせたコンディショニング成分。
ヒドロキシエチルセルロースはセルロース誘導体の一種で、粘度の調節、着色料の沈殿防止、接着力の増強などの目的で配合されます。
ベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。