シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ウーマ(UMA)コンディショナー
(株式会社ZERO PLUS
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ウーマ(UMA)コンディショナー

株式会社ZERO PLUS


ウーマ(UMA)コンディショナー のオススメレベル

ウーマ(UMA)コンディショナー の解析結果

ネーミングと中身に若干落差を感じるが・・


馬油で滑るイメージ・・かと思ったら、馬油の配合量は全成分上では最下位。
全然馬油が活躍しない「ウーマ コンディショナー」ということを前提に見る必要がありそうです。


さて、主役は何かというと、ペリセア、アロエ、少しのゼイン、18-MEA素材などが中心のようです。
言い換えると、ハリ・コシ効果が一番期待できそうな、かつ表面の滑らかさもアップ必至、といったところでしょう。
ただし、これらの有効成分の配合量は決して多くはなく、メインといえる部分がスキャルプケアエキスと油性成分、といったなんとも中途半端な印象を受けるものに。

中途半端、といったのは、恐らく狙いは頭皮にも塗って、これらのエキスを効かせよう、しかも、髪にもペリセアやゼインでコンディショニング効果を・・とどっちつかずな印象も否定できない部分。

悪くはないですが、結果的に髪へのコンディショニング効果は高くない(ダメージ部分を集中して修復する土台が弱い)し、頭皮にはマイルドですが、頭皮ケア効果は極めて中途半端に低い。メリットがあるのか?
といった疑問が拭えません。

そして、それらを差し置いても、割高。


[PR]

ウーマ(UMA)コンディショナー の全成分:

水、ベヘニルアルコール、BG、DPG、アロエベラエキス-1、イソステアリン酸水添ヒマシ油、エタノール、オウバクエキス、オタネニンジン根エキス、オレイン酸ポリグリセリル-10、クララエキス、グリセリン、グリチルリチン酸2K、黒砂糖、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ステアラミドプロピルジメチルアミン、ステアリン酸グリセリル、ゼイン、セテアラミドエチルジエトニウムサクシニル加水分解エンドウタンパク、センキュウ根茎エキス、センブリエキス、ダイズエキス、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、トウキエキス、トコフェロール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、パーシック油、パルミチン酸エチルヘキシル、ビルベリー葉エキス、ピロクトンオラミン、フェノキシエタノール、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-22、ミツロウ、ミリスチルアルコール、ミリスチン酸、モモ葉エキス、水添ヤシ油、乳酸、馬油

主な成分の解説をみる