シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ウーノ ドレッシートリック

資生堂

ウーノ ドレッシートリック

ウーノ ドレッシートリックの格付け

★★★
☆☆

コーティング力 : △
保水性 : △
強度アップ度 : X
まとまり力 : ◯
1mlあたり約10 円
80 ml/800 円

ウーノ ドレッシートリックの解析結果

肌にやさしいタイプではないが、頑丈なスタイリング効果は安定性良い一品。


湿度にも強く、しっかりしたセット力であることが特徴の一品。
肌にやさしいとは言い切れないので、マイルドさよりセット力を重視する方向け。

成分を見ていくと、
マイクロクリスタリンワックスは炭化水素ロウで、延伸性、粘性、安定性、結晶抑制作用が優れた油性基剤です。
テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチルは低温でも液状を保ち、耐熱性、耐加水分解性に優れた乳化安定力が高いエステル。
キャンデリラロウは自らを乾燥から守るために分泌している樹液を茎から抽出した天然の植物ロウで、アレルギー性が低く光沢と固さを与える。
カルナウバロウはブラジルワックスと呼ばれ、ヤシの葉由来で融点の高いエステル油が多く含まれるロウ成分です。
ミネラルオイルは石油原油を蒸留し固形パラフィンを除去した炭化水素系油剤。
皮膚によく延び、浸透性がないため無刺激。油との相溶性が強く、クレンジング基剤としても広く使われる油剤。
水添ポリイソブテンはスクワランに似た軽いさらっとした感触。伸びよく、優れた浸透性。
ポリウレタン-24はウレタンポリマーの末端にシラノール基を持つヘアセットポリマー。柔軟性を持つウレタンポリマーと乾燥後の架橋で耐湿性、耐水性機能を発現し、ベタつきなく安定した透明皮膜を形成。
TEA(トリエタノールアミン)はpH調整(アルカリ)剤ですが、一定の条件が揃うと発がん性物質ニトロソアミンを生成する可能性が僅かにあります(洗い流す製品ならOK)。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
(オクチルアクリルアミド/アクリル酸ヒドロキシプロピル/メタクリル酸 ブチルアミノエチル)コポリマーはアクリル系セット樹脂で、アミノ基により吸着性をアップし、カール保持効果を高めています。
(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマーはアルカリで中和するとゲル化する乳化剤で、皮膜形成、ベースの安定化に使われます。

総合すると、
透明感あるツヤっぽい仕上がりとしっかりしたホールド力を持つであろう一品です。
肌への負担は多少懸念すべきで、あまりそういうことが気にしないタイプの方向けといえる内容。

肌の弱い方はより肌への負担を和らげた成分を使った製品を選ぶとよいでしょう。

ウーノ ドレッシートリックの商品説明:

ツヤで造りこむ贅沢アレンジのスタイリングワックスです。しっとりとツヤのある質感。ショートからミディアムヘア向き。

ウーノ ドレッシートリックの全成分

水、マイクロクリスタリンワックス、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、キャンデリラロウ、PG、カルナウバロウ、ミネラルオイル、水添ポリイソブテン、ジグリセリン、グリセリン、PEG-60水添ヒマシ油、ポリウレタン-24、TEA、ココアンホ酢酸Na、イソステアリン酸、エタノール、カルボマー、(オクチルアクリルアミド/アクリル酸ヒドロキシプロピル/メタクリル酸ブチルアミノエチル)コポリマー、(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマー、トコフェロール、AMP、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、香料

5つ星をかんたん購入なら

解析ドットコム公式ストア

解析ストア
[スポンサーリンク]
ウーノ ドレッシートリック(c)2017 株式会社解析ドットコム