シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ウォータープログラムトリートメント
(髪美人育成プロジェクト
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ウォータープログラムトリートメント

髪美人育成プロジェクト


ウォータープログラムトリートメント
ウォータープログラムトリートメント のオススメレベル

ウォータープログラムトリートメント の解析結果

バランス良く保湿成分を配合。


実に多種の成分を配合していますが、そのチョイスに関しては一定のクオリティを約束してくれています。
保湿性を中心に、ツヤ、ハリ、指通り、消臭といった効果まで、様々な要素を観ることが出来ます。

肌にもそこそこマイルドで、日常的なトリートメントとしては使える一品といっていいでしょう。
何かが傑出しているということもないのですが、バランス良く、日に日に積み重ねてコンディションを良化していく、そんな特徴です。


[PR]

ウォータープログラムトリートメント の全成分:

水,水添ナタネ油アルコール,ジココイルエチルヒドロキシエチルモニウムメトサルフェート,ステアリルトリモニウムサッカリン,ベンチレングリコール,コハク酸ジエトキシエチル,ステアリン酸グリセリル,脱塩海水,ポリクオタニウム-51,ベタイン,ヒアルロン酸Na,ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン(羊毛),加水分解コラーゲン,ラフィノース,ヒバマタエキス,BG,褐藻エキス,緑藻エキス,紅藻エキス,アロエベラエキス-1,オクチルドデカノール,ミネラルオイル,ステアリルトリモニウムブロミド,グレープフルーツ果皮油,コカミドDEA,クエン酸,フェノキシエタノール,エタノール,イソプロパノール,システイニルプロアントシアニジンオリゴマー,PVP,ヒドロキシエチルセルロース,アルギン酸Na,キトサン,セテアリルグルコシド,ポリ-γ-グルタミン酸Na

主な成分の解説をみる水添ナタネ油アルコールはエモリエント効果、保護効果、光沢を与える乳化剤、油性基剤。
ジココイルエチルヒドロキシエチルモニウムメトサルフェートは極めて高い安全性、安定性で低濃度でも優れたコンディショニング効果を付与。
コハク酸ジエトキシエチルは可溶化剤、エモリエント剤として用いられます。ただ、感触改良効果やpH安定性は優れているとまではいえません。
ポリクオタニウム-51リピジュアの1種で生体適合性があり、ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持つリン脂質ポリマー。
ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン(プロティキュート)はカチオン化されたケラチンで、ダメージ部へのハリ・コシ改善、指通り・ツヤ・カラーロック効果を付与。
ラフィノースはフルクトース、ガラクトース、グルコース分子がグリコシド結合によって連なった構造の糖で、肌のラメラ構造を改善する働きを持つ保湿剤。
ヒバマタエキスは抗菌作用、スリミング作用。
褐藻エキスは大西洋、中南米海域に産生する褐藻類で、ビタミンA,Dの高レベルでの含有、アミノ酸、ミネラル類の含有により、整肌作用、増粘、感触改良、保湿、生理活性促進効果を付与。
ミネラルオイルは石油から作られたオイルで、隙間のないさらっとした被膜感が特徴のオイル。水分をあまり抱えませんが、肌の水分を逃がさない保湿作用があります。
ステアルトリモニウムブロミド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。比較的低刺激。
グレープフルーツ果皮油はリラックス効果、食欲を抑制する効果などを持つ芳香性の精油です。
ヒドロキシエチルセルロースはセルロース誘導体の一種で、粘度の調節、着色料の沈殿防止、接着力の増強などの目的で配合されます。
システイン/オリゴメリックプロアントシアニジン,PVP,キトサン,ポリ−γ-グルタミン酸は抗シワ、保湿、消臭、浸透促進、肌のハリ・弾力改善作用。
ウォータープログラムトリートメント

    ウォータープログラムトリートメント の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.1

  • 潤滑性 3.5
  • 効果の深さ:2.5
  • 補修力:3.5
  • 持続性:3.5
  • 安全性:3
  • 即効性 3
  • 費用対効果:3

  • 容量/500ml
  • 価格/4500円
  • 1mlあたり/9円

ウォータープログラムトリートメント の宣伝文,商品説明:

天然成分100%...ノーコーティングの自然な潤い..潤い成分を贅沢に配合...水には海洋深層水を使用するこだわりの逸品......成分についての返答には非常に高度な専門知識を必要とします。
そのため、事務局がチェックした後に研究部に転送されますので、返答までにお時間をいただくことをご理解ください。
また、返答する内容に専門用語が多数現れますので、ご質問の際には全成分を見て、何種類の成分をご存じかもお知らせください。