アロマキフィ ボリュームケア トリートメントの解析結果

総合順位

192

総合得点 5点満点

2.81

楽天でアロマキフィ ボリュームケア トリートメントを買う
成分数エキス系特効ダメ
24310
  • アロマキフィ ボリュームケア トリートメントの詳細情報
  • ガイア・エヌピーの関連商品
  • [JANコード] 4959508570248
  • [商品ID] 6475
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 1296円
  • [1mlあたり] 約 2.59円

アロマキフィ ボリュームケア トリートメント解析チャート

アロマキフィ ボリュームケア トリートメントの解説

ボリュームが出るようには見えない

低刺激でクオリティは良いトリートメントですが



ボリュームアップという観点では力不足

一般的にボリュームケアという名目でトリートメントを使う場合、この製品のクオリティは悪くはありませんが期待しすぎないほうが良いといえるレベルです。



肌への安全性が高いながら、トリートメントとしての機能をしっかり保っているあたりはさすがアロマキフィといったところですが、

ボリュームケアというほど髪に違いを生み出すようには見えづらい印象です。



即効性は期待できず、長い目でみて髪にハリを与えるかというと、それも少し弱いですね。



あくまでも、肌に負担をかけない範囲で、穏やかなボリュームアップ効果を図るというコンディショナーである、という見方なら許容範囲となるかもしれません。

アロマキフィ ボリュームケア トリートメントの全成分

1

2ベヘニルアルコール

皮膚刺激が少なく、粘度変化が少ないエマルションを形成する。

3ベヘナミドプロピルジメチルアミン

3級カチオン界面活性剤で、肌刺激がマイルドなかわりにコンディショニング効果は低い。ややしっとり感のある感触。

4ステアリン酸グリセリル

5ラウリン酸メチルヘプチル

植物由来2-オクタノールと各種植物由来脂肪酸からなるエステル油。植物由来の素材で、環境分解性もよく刺激性もほとんどない。

6セバシン酸ジエチルヘキシル

7グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

8豆乳発酵液

大豆イソフラボンを多く含み、女性ホルモン様作用を付与します。これにより、皮脂の抑制や、男性型脱毛の予防、保湿効果などを期待できる素材です。

9γ‐ドコサラクトン

エルカラクトン。γ-ドコサラクトンとシクロペンタシロキサン+セバシン酸ジエチルの混合では揮発性のハリ・コシ効果がはっきりわかりやすいタイプ。γ-ドコサラクトン+セバシン酸エチルは浸透性のハリ・コシ効果タイプ。γ-ドコサラクトン+トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルはうねり・絡まりを持続的に改善、キューティクルを美しく整える。

10センブリエキス

リンドウ科の2年草で、細胞活性作用、抗炎症・血行促進作用を付与します。

11マコンブエキス

12シロキクラゲ多糖体

シロキクラゲから抽出した高分子多糖体。べたつきのない高級感のある柔軟な皮膜を形成し、洗浄系に配合することできめ細かく弾力の高い泡を形成します。

13(C13‐15)アルカン

14(カプリロイルグリセリン/セバシン酸)コポリマー

15コハク酸ジヘプチル

16グリセリルグルコシド

・グリセリルグルコシドは糖とグリセリンがくっついた保湿剤。泡質の改善、滑らかさの付与、保湿効果などを与えます。

17ポリクオタニウム‐10

カチオン化セルロース。シャンプーなどに配合してシリコンが吸着するのを促進する効果があります。植物由来成分。

18ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル

光沢性、エモリエント性、酸化安定性、特に抱水性にすぐれた植物由来のダイマージオールエステル。

19トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

酸化に対して安定な多価アルコール脂肪酸エステルで、べたつかない軽い感触を与える。

20BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

21クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

22香料

香りづけ。

23ペンチレングリコール

1,2-ペンタンジオールとも呼ばれます。グリセリンとも近い多価アルコールというカテゴリの成分で、BGよりも低濃度で必要な殺菌性を得ることができるため、比較的安全性を売りにする製品に採用される傾向があるようです。また、さらっとしたベタつきのない使用感も特徴。

24フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

販売元による宣伝文

ヘアケアシリーズ「アロマキフィ」より、ボリュームケアシリーズのトリートメントです。
髪にハリとコシをプラスし、根元からボリュームのある髪へ。アレンジしやすい髪に仕上げます。
精油ゼラニウム&シダーウッドの香りです。

アロマキフィ ボリュームケア トリートメントの関連商品


楽天でアロマキフィ ボリュームケア トリートメントを買う

アロマキフィ ボリュームケア トリートメントを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。