アジエンス ネイチャー・スムース コンディショナーの解析結果

総合順位

518

総合得点 5点満点

2.25
成分数エキス系特効ダメ
23400
  • アジエンス ネイチャー・スムース コンディショナーの詳細情報
  • 花王の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 65
  • [容量] 220ml
  • [参考価格] 414円
  • [1mlあたり] 約 1.88円

アジエンス ネイチャー・スムース コンディショナー解析チャート

アジエンス ネイチャー・スムース コンディショナーの解説

シリコーンの皮膜には期待できるが、効果は薄い

ステアロキシ〜、乳酸、ジメチコンといったベースで、

比較的単純なコンディショナーといった印象。

コンキオリン、ラノリンはツヤ、保湿。

以前よりおとなしくなった印象のアジエンスで、

わりと単純なコンディショナーです。

軽いダメージ毛を軽くカバーする、といった風合いです。

新しくなった割に特筆すべきような効果はなさそう。

アジエンス ネイチャー・スムース コンディショナーの全成分

1

2ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

3DPG,乳酸

4ステアロキシプロピルジメチルアミン

3級カチオン界面活性剤です。肌刺激はソフトですが、ダメージカバー能はあまり高くありません。

5ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

6ハス花エキス

・ハス花エキスは抗酸化作用が優れアンチエイジング効果を期待される成分です。

7ゲットウ葉エキス

ショウガ科月桃の葉から得たエキスです。コラーゲン合成促進、線維芽細胞増殖促進作用などを示します。

8ツバキ油

9加水分解コンキオリン

・加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。

10カンゾウ根エキス

マメ科の植物甘草の根から抽出したエキス。グリチルリチン酸を豊富に含み、細胞レベルでの抗炎症作用や美白作用を期待されます。

11オタネニンジンエキス

神経細胞活性化、免疫・抗炎症作用・血行促進作用、たんぱく質・核酸合成促進作用など多岐にわたる。

12ラノリン脂肪酸

ラノリンとは、羊の分泌脂質を精製したもの。ヒトの皮脂と性質が似ているため、自然な油分補給手段として用いられます。 ただし、アレルギーを起こす可能性があり、かつ臭いが強めというデメリットもある。→吸着精製ラノリンはこのデメリットを解消している。

13リンゴ酸

リンゴ酸は、天然ではリンゴなどの果実に多く含まれている有機酸のことです。ブドウ酸を還元する方法でも合成することができます。高配合で肌に刺激となることも。髪の表面を潤滑させたり、pHを整える効能も。

14ベヘナミドプロピルジメチルアミン

3級カチオン界面活性剤で、肌刺激がマイルドなかわりにコンディショニング効果は低い。ややしっとり感のある感触。

15(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル

16パルミチン酸イソプロピル

さっぱりとした感触のエステル油。展延性に優れ、使用感が良い。

17ビスセテアリルジメチコン

18ヒドロキシエチルセルロース

19PEG-45M

20BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

21エタノール,ベンジルアルコール

22カラメル

23香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

根元から軽くしなやかで、ライトな質感に整えるリンスです。弱った髪内部の毛髪繊維まで働きかけ、髪本来のしなやかさを引き出します。スコール後の清らかな花白蜜の香り。

アジエンス ネイチャー・スムース コンディショナーの関連商品

アジエンス ネイチャー・スムース コンディショナーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。