ビーンスターク 薬用シャンプーh の解析結果

総合順位

664

総合得点 5点満点

2.63
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
83101

ビーンスターク 薬用シャンプーh 解析チャート

ビーンスターク 薬用シャンプーh の解説

わりとマイルドですが、あまり個性のない中身。

とてもシンプルな構造のシャンプーで、必要最小限のことだけするよ、というメッセージが伝わってきそうです。

ベースにラウロイルメチルアラニンNa、ラウラミドプロピルベタインという平均より少し高い洗浄力とマイルド感、コンディショニング効果が特徴。

ヒノキチオールで防腐効果を付与。

ほぼそれだけ。

アミノ酸系洗浄剤ベースで、かつわりと洗えるあたりは使いやすい印象ですが、

実際には使った喜びが薄い、印象に残らないタイプのシャンプーであり、赤ちゃんや刺激に敏感な人向けと言いながらヒノキチオールで防腐をやるのは違うと思うし、

何とも味気ないというか、人情味のないシャンプーであまりオススメしません。

マイルドでも使って嬉しい気持ちになれるものはたくさんありますし、あえてこれをオススメするというほどクオリティが高いとはいえません。

ビーンスターク 薬用シャンプーh の全成分

1ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液

アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。

2ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液

コカミドプロピルベタインのこと。両性界面活性剤で、粘度調整・洗浄力の調整、泡質の改善やコンディショニング作用の付与。

3濃グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4塩化0-[2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル]ヒドロキシエチルセルロース

5ヒノキチオール

・ヒノキチオールは非常に高い抗菌活性を持つ成分で、配合量により肌刺激性の懸念が増す可能性を持つ殺菌剤です。

6エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

7リン酸

クエン酸の廉価版として代用されるpH調整剤。環境や人体への悪影響の懸念がもたれる。

8精製水

販売元による宣伝文

赤ちゃんや刺激に敏感な方のための低刺激性薬用ヘアシャンプー無香料、無着色、弱酸性、パラベン(防腐剤)無添加頭皮、頭髪を清潔に保つヒノキチオール配合手軽に使える泡タイプ指定表示成分無配合アレルギーテスト済み(すべての方にアレルギーが起きないというわけではありません。)

    ビーンスターク 薬用シャンプーh の関連商品

ビーンスターク 薬用シャンプーh を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。