バーツビーズ コンディショナー ポメグラネイト&ソイの解析結果

総合順位

988

総合得点 5点満点

1.98
成分数エキス系特効ダメ
22310
  • バーツビーズ コンディショナー ポメグラネイト&ソイの詳細情報
  • 大山の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 321
  • [容量] 350ml
  • [参考価格] 1680円
  • [1mlあたり] 約 4.8円

バーツビーズ コンディショナー ポメグラネイト&ソイ解析チャート

バーツビーズ コンディショナー ポメグラネイト&ソイの解説

刺激性の少ないリンスで、主に天然材料を用いた造りが特徴のようです。

ベースはセテアリルアルコール、グリセリン、ベタインとベタなリンスのようですが、

カチオン界面活性剤にセトリモニウムブロミドを持ってきて刺激性を低下させています。

スクレロカリアビレア種子油、グルコース、ヒドロキシプロピルトリモニウムハニー(カチオン化ハチミツ),配合で、

狙いは保湿系の付加。

ワサビノキ種子エキスは整肌作用、ザクロも抗酸化作用や整肌作用がありますが、これは髪にはさほど効果的ではないかな。

レウコノストック/ダイコン根発酵液、サリックスニグラ樹皮エキスが防腐役として配合。



マイルドさという面では全体的にとても考えられていると思います。

肌への低刺激処方を第一に造られた製品と言えるでしょう。

リンス、トリートメントとしては、気持ち程度の効能のみで限定的。

並のリンスよりもほのかな作用であることは否めません。

より低刺激性のものを求める場合に有効と見ます。

バーツビーズ コンディショナー ポメグラネイト&ソイの全成分

1

2セテアリルアルコール

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

5セトリモニウムブロミド

6スクレロカリアビレア種子油

・スクレロカリアビレア種子油はアフリカ南部、南西部に自生するマルーラの木の実から得たオイルで、優れた保湿効果を与えます。

7香料

香りづけ。

8ステアリン酸スクロース

9ポリステアリン酸スクロース

10グルコース

11ダイズアミノ酸

12ポリソルベート60

13レウコノストック/ダイコン根発酵液

大根の根から抽出した液体を、乳酸菌で発酵させた天然防腐剤です。とても肌に低刺激で、抗菌作用の他、抗炎症作用も期待されます。

14フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

15ヒドロキシプロピルトリモニウムハニー

はちみつのベタつきを完全に抑え、湿潤剤として4級化した低粘性の感触改善剤。低分子のカチオン化物です。

16塩化Na

17ザクロエキス

強い抗酸化作用を持つほか、男性ホルモンを抑制する働きがあることから、皮脂分泌をコントロールする効果を期待できます。また、男性ホルモン由来の男性型脱毛を予防する働きも

18サリックスニグラ樹皮エキス

クロヤナギの樹皮から得たエキスです。サリチル酸を豊富に含み天然植物由来の防腐剤として用いられます。

19プロパンジオール

炭素数3のグリコールです。異性体にプロピレングリコールがあります。抗菌・保湿剤として用いられ、安全性が高いと言われていますが、実は天然由来を謳うわりにBGやPGとさほど危険性は変わらない可能性があると言われている。

20ワサビノキ種子エキス

奇跡の木と呼ばれるモリンガから抽出されたエキスです。種子から得られるエキスにはベヘン酸も多く含まれ、エモリエントでリッチな感触を与えると同時に、抗酸化作用も付与します。

21ラクトペルオキシダーゼ

22グルコースオキシダーゼ

販売元による宣伝文

髪にハリとボリュームを与えるザクロエキス配合のコンディショナーです。コンディショニング成分:ザクロエキスが髪にハリとつやを与え、保湿成分:モリンガシードエキス(ワサビノキエキス)、ハニー由来成分がうるおいを与えてなめらかな髪に仕上げます。

バーツビーズ コンディショナー ポメグラネイト&ソイを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。