カウブランド 無添加シャンプー の解析結果

総合順位

461

総合得点 5点満点

2.78
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
114000
  • カウブランド 無添加シャンプー の詳細情報
  • 牛乳石鹸共進社の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 2639
  • [容量] 550ml
  • [参考価格] 1080円
  • [1mlあたり] 約 1.96円
洗浄力
2.3
素材 
1.9
安全性
4.1
コスパ 
4.4
環境 
3.1
補修力
2.6
潤滑性
2.1
頭皮改善 
2.3
ツヤ 
2.1
持続性
2.2
感触 
2.5
育毛
1.9
洗浄剤
3.3

カウブランド 無添加シャンプー の解説

最悪ではないものの、良くもない。

マイルド寄りに作ろうとしているのですが、それほど上品な出来栄えではありません。

一見すると低刺激型のように見える構成を組んでいますが、粗雑というか、特に低刺激でもありませんし、洗浄剤もやや粗い。

石鹸シャンプーでないことは救いではありますが、使い物にはなりにくいタイプ。

カウブランド 無添加シャンプー の全成分

1

2DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

3コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

4ココイルグルタミン酸Na

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

5スルホコハク酸ラウレス2Na

脱脂力はそこそこにあるが、肌への刺激性は控えめで生分解性も良い。さっぱり洗いたい方に向いている洗浄剤です。防腐剤に安息香酸ナトリウム。

6テトラステアリン酸PEG-150ペンタエリスリチル

7グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

8PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

9コハク酸ジエトキシエチル

10ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

11クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

販売元による宣伝文

素材をとことん厳選し、製法にもこだわったお肌に刺激の少ない処方のシャンプーです。植物性アミノ酸系洗浄成分と植物性コンディショニング成分配合。着色料・香料、さらにパラペンなどの防腐剤や品質安定剤などが無添加です。デリケートなお肌の方にも安心してお使いいただけます。皮ふアレルギーテスト済み。(全ての方にアレルギーが起こらないということではありません。)

カウブランド 無添加シャンプー を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。