ダイアン オイルインボディソープ シャルドネの解析結果 | シャンプー解析ドットコム 

ダイアン オイルインボディソープ シャルドネの解析結果

総合点1.98
292個中157位
品質-0.3 %
成分数47
1mlあたり1.4円 %
安全性3.1 %
エキス類14
詳細情報
  • ダイアン オイルインボディソープ シャルドネの詳細情報
  • [発売日]
  • [JANコード] 4560119226587
  • [ランキング] 157位 292個中/
  • [ポイント(5点中)] 1.98点
  • [ジャンル] BS
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 696円
  • [1mlあたり] 約 1.39円
  • [商品ID] 6294
  • [ASIN]
  • [商品サイズ]
  • [商品重量] g
  • [成分数]47
  • [洗浄剤数]1
  • [エキス類]14
  • [特に優れた成分]0
  • [要注意成分]0
販売元による宣伝文
お肌がよろこぶ石けん洗浄成分に14種類の植物オイルを贅沢に配合。
肌へ負担なく汚れを落とし、肌本来のうるおい引き出すボディソープ。
みずみずしい白ぶどうをイメージさせる「シャルドネ」の香り。
ダイアン オイルインボディソープ シャルドネ解析チャート

ダイアン オイルインボディソープ シャルドネの解説

お肌が喜ぶのは石鹸ではないでしょう。

石鹸の特徴として、まずアルカリ性であると言うことがあります。
石鹸以外の洗浄剤がほとんど弱酸性であることからわかるように、
アルカリ性の洗浄剤と言うのは、肌のバリアを奥深くから湧出してしまうことがわかっています。
つまり、肌の洗浄に向かない素材と言うことですね。

そのような洗浄剤のどこがお肌が喜ぶのでしょうか。

その他に含まれる成分(主に天然素材)は保湿効果や古い角質状況作用(ピーリング)などが特徴的です。
ただしここでも石鹸との相性によって、特にピーリング作用などは肌への負担が大きすぎるように思います。
アルカリ性で肌のバリアが溶かし出され、さらに肌を守る角質を除去されたらどうなるでしょうか。

普通に考えたら、肌を守るものが何もなくなる=敏感肌になってしまうと考えるのが自然であります。そのような効果を期待したいのであればこの製品を乙お勧めいたしますが、通常は使うべきではないと判断するのが良いように思います。 いろいろなエキスや天然オイルが配合されていますが、大半を占めるベースが石鹸であると言うことに注目すべきでしょう。
株式会社ネイチャーラボ ダイアン オイルインボディソープ シャルドネをAmazonアマゾンで購入