EraL (イーラル) ピュアクレンジング の解析結果

総合順位

553

総合得点 5点満点

2.71
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
153100
  • EraL (イーラル) ピュアクレンジング の詳細情報
  • EraL (イーラル)の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 2243
  • [容量] 250ml
  • [参考価格] 3780円
  • [1mlあたり] 約 15.12円

EraL (イーラル) ピュアクレンジング 解析チャート

EraL (イーラル) ピュアクレンジング の解説

何のための頭皮クレンジング剤か。

マイルドには違いありませんが、例えばメイク落とし用のクレンジングだとしたらNGですし、

頭皮の脱脂をしたいだけなら普通にシャンプーだけでも充分ではないか?と思わせる微妙な立ち位置感が特徴の一本。









結論というと、頭皮における皮脂、汚れが尋常じゃないほど多い場合に有効か。

普通の状態の方なら、まずいりません。

要は、過度に洗浄したい場合に使う脱脂ブースターのような役割ですから、

普通の状態で日常的に使ったら、間違いなくデメリットの方がおおきくなります。

脱脂はほどほどに。皮脂は髪と肌を守り保湿を担っているのですから。

EraL (イーラル) ピュアクレンジング の全成分

1

2PEG-30水添ヒマシ油

3PEG-8ホホバ油エステルズ

4PEG-20ソルビタンココエート

5ココイルリンゴアミノ酸Na

ヤシ油脂肪酸とリンゴ果汁から抽出したアミノ酸による洗浄剤。起泡性や濃密な泡感を作り出す効果のあるアニオン界面活性剤です。

6チンピエキス

チンピエキスは温州みかんの皮から抽出したエキスです。抗炎症作用や血行促進効果、毛細血管強化作用があるため、肌荒れ防止や育毛目的で配合されます。

7カラギーナン

8パンテノール

プロビタミンB5。体内でパントテン酸に変わるという意味でプロビタミンB5と呼ばれていて、育毛剤などでもおなじみの髪や皮膚の生成を促進する成分です。新陳代謝を活発する目的で配合されます。

9ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。ただし、酸化により接触アレルギーを起こす可能性もある。

10パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン

アミドベタイン型の両性界面活性剤。硬水や幅広いpH領域でも高い起泡・洗浄力を付与。

11ココイルアルギニンエチルPCA

ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、安全性が高く抗菌効果を持ち、滑らかなコンディショニング効果を付与します。

12エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

13エチルヘキシルグリセリン

細菌・真菌類の防腐効果がある。

14安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

15香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

顔も洗えるほどやさしくマイルドなシャンプーです。頭皮に余分な成分を残さず洗い上げます。

EraL (イーラル) ピュアクレンジング を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。