エトヴォス 薬用ホワイトニングクリアセラムの解析結果 | シャンプー解析ドットコム 

エトヴォス 薬用ホワイトニングクリアセラムの解析結果

総合点3.02
351個中76位
品質4 %
成分数35
1mlあたり110円 %
安全性4.9 %
エキス類10
詳細情報
  • エトヴォス 薬用ホワイトニングクリアセラムの詳細情報
  • [発売日]
  • [JANコード] 4562256997344
  • [ランキング] 76位 351個中/
  • [ポイント(5点中)] 3.02点
  • [ジャンル] C
  • [容量] 50ml
  • [参考価格] 5500円
  • [1mlあたり] 約 110円
  • [商品ID] 7442
  • [ASIN]
  • [商品サイズ]
  • [商品重量] g
  • [成分数]35
  • [エキス類の数]10
  • [特に優れた成分の数]1
  • [要注意成分の数]0
販売元による宣伝文
敏感肌でも使える、エトヴォス初の薬用美白美容液が登場。
サイエンスとフィトケミカルに着目した皮膚科学に基づく新アイテムは、クリアな肌へのこだわりから生まれた、次の一手。
厳選された植物由来成分が浸透※3し、美白有効成分トラネキサム酸がシミやそばかすといった「点」を防ぎ、肌のくすみ※4などの「面」もケア。肌のすみずみまでしみわたるテクスチャーでうるおった明るさをたたえた肌へ。
ファンデーションを一段トーンアップさせたくなるようなクリアな印象※2に導きます。

POINT 01 気になる「点」にアプローチ
メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ美白成分(有効成分:トラネキサム酸)を配合し、シミ・そばかすといった「点」の悩みをサポート。また、紫外線を受けてしまった肌をおだやかに整えるアフターサンケアまで、効率よくシミ・そばかすを防ぐ設計を採用しました。

POINT 02 大人肌の「面」悩みもサポート
年齢を重ねるにつれ出現するくすみ※4にアプローチ。セイヨウオオバコ種子エキスやウメ果実エキス、さらにイザヨイバラエキスやブルーン酵素分解物といった保湿成分も加え、クリアな印象へと導きます。
大気汚染やストレス、乾燥によるうるおい不足でくすみがちな現代肌の悩みをサポートし、キメ乱れ悩みにも働きかけます。

POINT 03 肌荒れを防ぎ、肌のバリア機能もうるおいでサポート
敏感肌の方でも使いやすい、肌荒れを防ぐ整肌成分(有効成分:グリチルレチン酸ステアリル)を配合。3種のセラミド※6配合により、バリア機能に大切なうるおいを補い、健康な肌状態で毎日を過ごせるよう、お肌を整えます。

POINT 04 こだわりの浸透力と低刺激処方※5
さらりとしたテクスチャーで前顔に伸ばしやすく肌になじみやすい処方設計。肌にやさしい低刺激処方※5でオールシーズンお使いいただけます。

【6つの不使用】石油系界面活性剤/鉱物油/シリコン/パラベン/タール系色素/合成香料不使用

※1 美白:メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ ※2 保湿効果による肌のキメが整った印象 ※3 角層まで ※4 くすみ:乾燥やキメの乱れによるもの ※5 パッチテスト済み。(すべての方に肌トラブルが起こらないというわけではありません) ※6 保湿成分:N-ステアロイルフィトスフィンゴシン(セラミNG)、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン(セラミドNP)、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン(セラミドAP) ※7 保湿による透明感
エトヴォス 薬用ホワイトニングクリアセラム解析チャート

エトヴォス 薬用ホワイトニングクリアセラムの解説

天然素材で実現する美白効果

比較的安全で、植物由来成分による効果的なホワイトニング効果を目指した製品です。

内容とバリエーション共に充実していて、ある程度期待値が高いクオリティを実現しているといえるでしょう。

植物由来の美白素材

ホワイトニング効果の根拠となっているのがトラネキサム酸, 油溶性肝臓エキス、プルーン酵素分解物、クレアチニン、イザヨイバラエキス、セイヨウナシ果汁発酵液、ウメ果実エキス、キウイエキスなどなど、何も植物由来、天然由来の美白効果が謳われている成分が勢揃いしています。

ホワイトニング効果としては、ある程度浸透もし即効性が期待される成分もあるので比較的クオリティが期待される仕上がりです。

美白効果以外にも、肌バリアを強化する作用や保湿作用、抗炎症作用など、美容液に含まれるような機能も付加されているため、全体としてバランスの良い美容効果が期待されます 。

メリットはかなり負担が低いこと

美白製品というのは数多くありますが、この製品のメリットとしては天然由来成分を集めていることにより、作用が穏やかでリスクが比較的低いこと。

強力な美白作用や浸透性を伴う場合、肌に刺激や使用感上の問題が生じたりと、いくつかのリスクを伴うことがあります。その点ではエトヴォスのホワイトニングクリアセラムは穏やかなタイプと分類されるでしょう。

デメリットは、短期間で圧倒的な違いを見せられるわけではないこと

穏やかであるということは、ともすれば即効性がないこととイコールになりがちです。

この製品は植物由来成分をほぼメインとし、作用が穏やかであるため美白効果に即効性を望むことは難しく感じます。

じわじわと時間をかけて、回数を重ねて肌をクリアにしていく、という即効性を伴わない製品であるということを前提に使われるべきでしょう。

基本的には、肌の負担を考えればじわじわとゆっくりクリア効果を見せる製品の方が安全性が高く、コスト的な問題がなければそちらの方がお勧めです。

もちろん、使っても使っても美白効果が現れないのであれば逆に問題ですが。

この製品で有効成分として指定されているトラネキサム酸などは、内服では効果が期待されているものの、外用薬としては美白効果がいまいちなのではないかと感じる次第です。

その他の成分が強力なため、トラネキサム酸への疑念は大きな問題ではありませんが、効くものと効かないものをしっかりと精査する必要がこの手の製品にはありそうですね。

ホワイトニング効果をメインに考え、肌への負担が低いもの、天然素材中心の製品をお探しの場合は試す価値があるでしょう。

天然素材推しの美白美容液

エトヴォス / ETVOS エトヴォス 薬用ホワイトニングクリアセラムをAmazonアマゾンで購入
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
・ウメ果実エキスはメイラード反応(肌の糖化)を抑制する働きがあり、肌の老化、くすみを抑制する効果を付与。
ウメ果実エキス
炭素数20以上の不飽和脂肪酸を多く含むトリグリセライド。コシのあるタッチと、さっぱりした使用感が特徴。イコセン酸が最も多い。
メドウフォーム油
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。
濃グリセリン
油溶性抗炎症成分です。
グリチルレチン酸ステアリル
タイムエキス(1)
水添レシチンです。天然界面活性剤のレシチンに水素を添加して臭いの問題を解消した保湿成分です。
水素添加大豆リン脂質
セリ科の多年草由来エキス。保湿、抗アレルギー、抗炎症、抗酸化、美白、育毛、血行促進などの効果を期待されます。
トウキエキス(1)
油溶性甘草エキス(2)