ルバンシュ フルーツシャンプーの解析結果

総合順位

542

総合得点 5点満点

2.77
ルバンシュ フルーツシャンプー 【アミノ酸系/天然】
楽天でルバンシュ フルーツシャンプーを買う
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
276310
  • ルバンシュ フルーツシャンプーの詳細情報
  • ルバンシュの関連商品
  • [JANコード] 4539607000756
  • [商品ID] 6131
  • [容量] 250ml
  • [参考価格] 2160円
  • [1mlあたり] 約 8.64円

ルバンシュ フルーツシャンプー解析チャート

ルバンシュ フルーツシャンプーの解説

興味深い天然系シャンプーです。

一般的な洗浄剤がベースではなく、サピンヅストリホリアツス果実エキスがベースという個性派。



ソープナッツ果実エキスともよばれるこの成分は、天然の界面活性剤といわれるようにサポニンを豊富に含んでいるのが特徴。



洗浄力こそ一般的な洗浄剤より遥かに劣りますが、天然系・オーガニック系と自称するにふさわしい処方といえるでしょう。



良いか悪いかは別にして、です。





このソープナッツエキスに続いて、アミノ酸系の洗浄剤がずらりと配合されています。



ココイルグリシンKのようなちょっと刺激的なものもありますが、全体としては概ねマイルドといえるでしょう。



ペリセア(ジラウロイルグルタミン酸リシンNa)がさらに刺激を抑え、コンディショニング効果をプラスしています。



防腐剤にはワサビ由来のエキスを使ったりと、隅々までソフトに作られている、意図がはっきりしたシャンプーです。





低刺激という目的は完遂している内容ですが、シャンプー単体としての完成度という点では課題が残りそう。



特に泡立ち、洗浄力、さっぱり感といったポイントは弱めになっています。



ある意味でベビーソープのような扱い方であれば心地よいものとなるでしょう。





しっかり汚れを落としたい方には不向きです。



そういったポイントを抑えていれば、この独特で質のまずまず良いシャンプーは一度試す価値があることでしょう。

オーガニックを謳うのであれば、せめてこのレベルは超えてほしい。

そう願いたくなるような面白い一品です。

ルバンシュ フルーツシャンプーの全成分

1

2ジグリセリン

3サピンヅストリホリアツス果実エキス

4ココイルアラニンNa

5ラウリルグルコシド

6ペンチレングリコール

7ベタイン

8ココイルグルタミン酸2Na

9ココイルグリシンK

10ラウリン酸ポリグリセリル‐10

11加水分解シルク

12マンダリンオレンジ果皮エキス

13ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

14ココイルトレオニンNa

15ココイルグルタミン酸Na

16オクテニルコハク酸トレハロース

17ヒドロキシプロピルグアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

18タマリンドガム

19ラベンダー油

20ニオイテンジクアオイ油

21BG

22ポリ‐ε‐リシン

23クエン酸

24乳酸桿菌/ワサビ根発酵エキス

25ポリクオタニウム‐10

26エタノール

27乳酸桿菌発酵液

販売元による宣伝文

皮脂を取りすぎることなく、頭皮をいたわりながら洗えるシャンプーです。
天然由来成分配合、ノンシリコン
主成分は天然の洗浄作用を持つ果実エキス
界面活性剤はアミノ酸系
ラベンダーと優雅ゼラニウムの香り
ルバンシュ フルーツシャンプー 【アミノ酸系/天然】
楽天でルバンシュ フルーツシャンプーを買う

ルバンシュ フルーツシャンプーを実際に試してみた。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。