ナチュレルSPシャンプー の解析結果

総合順位

689

総合得点 5点満点

2.52
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
263900
  • ナチュレルSPシャンプー の詳細情報
  • ナユタ化粧品の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 2940
  • [容量] 400ml
  • [参考価格] 3240円
  • [1mlあたり] 約 8.1円
洗浄力
1.9
素材 
2.7
安全性
3.8
コスパ 
3.1
環境 
3.4
補修力
2.2
潤滑性
2.4
頭皮改善 
2.4
ツヤ 
2.1
持続性
2.7
感触 
3.4
育毛
1.7
洗浄剤
2.5

ナチュレルSPシャンプー の解説

中途半端にあれこれ手を出すからイマイチ。



方向性の定まらない典型なシャンプーです。

言い方を変えれば、バランスを取ろうとしているともいえますが、

そのアプローチがやや強引。



アミノ酸型洗浄剤をベースにすると思いきや、オレフィン(C14-16)スルホン酸Naを加えて手っ取り早く泡立ち強化。

これが、アミノ酸型洗浄剤の良さを少なからず薄めている。

手っ取り早く、という意味では、ジメチコンコポリオール、ラウリルピリジニウムクロリドの配合もそう。

特に、ラウリルピリジニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤ですから、頭皮ケア系のシャンプーに入れるのはなじまない成分。

タンパク変性や刺激性の強さが問題になりそう。

その他細かい素材のチョイスも少し一段落としたクオリティといえるので、ザ・中途半端というに相応しいシャンプーです。値段も。

ナチュレルSPシャンプー の全成分

1精製水

2ココイルグルタミン酸TEA

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

3オレフィンスルホン酸Na

4ラウラミドDEA

ラウリン酸ジエタノールアミドという構造で、増粘・乳化、泡立ち補助目的で配合される非イオン界面活性剤です。

5BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

6ラウロイルメチルアラニンNa

アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。

7ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース

水溶性増粘剤。配合が容易で界面活性剤の刺激を緩和する作用。

8クオタニウム-33

クオタニウム-33はエチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム液(1)という名称で、18-MEA(18−メチルエイコサン酸)という髪のキューティクルを保護している脂質成分を多く含む、羊毛由来のコンディショニング成分です。髪の艶、キューティクルのめくれなどを接着剤のように防止し、髪を保護する役目を果たします。

9フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

10PPG-24グリセレス-24

11ジメチコンコポリオール

・持続性を特徴とするポリエーテル変性シリコーン。

12ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

13ラウリルピリジニウムクロリド

・ラウリルピリジニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、殺菌作用、消臭効果、コンディショニング効果を付与。

14エチドロン酸

15イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

16天然ビタミンE

血行促進、抗酸化作用。

17クオタニウム-73

18アルニカエキス

キク科植物であるアルニカの花・根から得たエキスです。カロチノイド、タンニン、トリテルペノイド、サポニン、フラボンなどを含み、血行促進・抗酸化・抗炎症・抗菌・収れん作用などを付与します。

19オドリコソウエキス

・オドリコソウエキスはシソ科でタンニン、フラボノイドを含有するエキス。収れん作用、抗炎症作用、肌荒れ改善、皮脂の過剰な分泌を抑制し、育毛作用を期待されます。

20オランダカラシエキス

セリ科オランダカラシから得たエキス。辛味配糖体シニグリン(ミロン酸カリウム)やビタミン類を含み、血行促進作用、抗菌作用、発毛・皮膚細胞活性化作用があるとされます。

21ゴボウエキス

22セイヨウキズタエキス

ウコギ科西洋木蔦から得たエキスです。サポニン、フラボノイドを含み、抗炎症・抗菌・抗酸化作用・清浄作用を付与します。

23ニンニクエキス

ユリ科ニンニクのエキスです。高い抗菌作用と血行促進作用をプラスします。

24マツエキス

西洋赤松の球果から抽出したエキスで、血行促進、抗炎症、収れん作用などを付与。

25ローズマリーエキス

シソ科常緑樹ローズマリーの葉から得たエキスです。精油としてもおなじみですが、フラボノイド、タンニン、フラボノイド類などを含みます。抗菌作用・抗炎症作用・収れん作用を付与します。

26ローマカミツレエキス

・ローマカミツレエキスはキク科ローマカミツレより抽出、抗炎症効果に優れ、肌荒れ防止、育毛、抗菌、抗フケ、カユミ防止目的で使われる。

販売元による宣伝文

輝く髪のためには、地肌を清潔に保つことがポイント。アミノ酸のシャンプーで頭皮の汚れをしっかり落としてあげましょう。植物成分が、頭皮に潤いを与えるので、健やかな肌環境が持続します。

ナチュレルSPシャンプー の関連商品

ナチュレルSPシャンプー を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。