ナチュレルSPシャンプー の解析結果

広告

総合点

2.52

総合ランク

2899個中 1015

成分数

26

植物エキスの数

9

コスパ

0

安全性

0

素材の品質

0

洗浄剤の品質

0

洗浄力

0

髪補修力

0

育毛力

0

使用感の良さ

0

エイジングケア

0

ホワイトニング効果

0

保湿効果

0

スキンケア力

<0

環境配慮

0

浸透力

0

即効性

0

持続性

0

ツヤ感

0

サラサラ感

0

特に優れた素材

0

注意が必要な素材

0
ナチュレルSPシャンプー 解析チャート
販売元による宣伝文
輝く髪のためには、地肌を清潔に保つことがポイント。アミノ酸のシャンプーで頭皮の汚れをしっかり落としてあげましょう。植物成分が、頭皮に潤いを与えるので、健やかな肌環境が持続します。
関連商品
ナチュレルSPシャンプー 解析チャート
広告

ナチュレルSPシャンプー の解説

中途半端にあれこれ手を出すからイマイチ。

方向性の定まらない典型なシャンプーです。
言い方を変えれば、バランスを取ろうとしているともいえますが、
そのアプローチがやや強引。

アミノ酸型洗浄剤をベースにすると思いきや、オレフィン(C14-16)スルホン酸Naを加えて手っ取り早く泡立ち強化。
これが、アミノ酸型洗浄剤の良さを少なからず薄めている。
手っ取り早く、という意味では、ジメチコンコポリオール、ラウリルピリジニウムクロリドの配合もそう。
特に、ラウリルピリジニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤ですから、頭皮ケア系のシャンプーに入れるのはなじまない成分。
タンパク変性や刺激性の強さが問題になりそう。
その他細かい素材のチョイスも少し一段落としたクオリティといえるので、ザ・中途半端というに相応しいシャンプーです。値段も。
スカルプエッセンス ダブルブラック