Pure Design(ピュアデザイン) ピュアエクセレントゲルクリームモイスチャーSの解析結果

Pure Design(ピュアデザイン) ピュアエクセレントゲルクリームモイスチャーSPure Design(ピュアデザイン)理想の肌へと導く、エイジングケア用のゲルクリームです。これひとつでスキンケアが完了します。顔だけでなくデコルテにも使用できます。合成界面活性・鉱物油・アルコール・香料不使用

総合順位

46

総合得点 5点満点

2.82
成分数エキス系特効ダメ
24910
  • Pure Design(ピュアデザイン) ピュアエクセレントゲルクリームモイスチャーSの詳細情報
  • Pure Design(ピュアデザイン)の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 5480
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 3780円
  • [1mlあたり] 約 7.56円
素材 
2.9
安全性
4.6
コスパ 
4.7
環境 
3
潤滑性
2.1
頭皮改善 
3.4
ツヤ 
2.3
持続性
2.3
感触 
2.6
アンチエイジング
3.4
美白
2.8

Pure Design(ピュアデザイン) ピュアエクセレントゲルクリームモイスチャーSの解説

とても控えめだが安心感高い

何か大きな効果や即効性があるとか、機能性が高いということはない、

あまり特徴があるとはいえないクリームなのですが、

一方で肌にあらゆるリスクが降りかかることを予防しているようにみえる処方です。

肌につけたからと言って明快な効果はあまりない製品という印象です。



卵殻膜やビルベリーなど、比較的優れものの素材もありますが、



保湿力も持続性もかなり控えめな構成であり、端的に言えば薄味。



ただ、肌への負担はほぼないに等しく、マイルドさが際立つ構成。

Pure Design(ピュアデザイン) ピュアエクセレントゲルクリームモイスチャーSの全成分

1

2BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4アボカド油

オレイン酸を主とするトリグリセライド。エモリエント作用を付与。

5コメヌカ油

6加水分解卵殻膜

7ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

8アロエベラ葉エキス

ユリ科アロエベラの葉エキスです。創傷治癒、美白、抗炎症作用などを付与。

9カワラヨモギ花エキス

10オタネニンジン根エキス

活性成分ジンセノサイドを含有するオタネニンジンの根から採れたエキス。代謝・血行促進作用を有する。

11オウゴン根エキス

収斂・抗菌・抗炎症作用のほか、男性ホルモン由来の脱毛を予防する作用も。

12グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

13リン脂質

14マヨラナ葉エキス

マジョラムとも呼ばれます。シソ科、ハナハッカ、マージョラムなどの別名も。ヒアルロン酸の産生を促進する効果があり、肌シワの軽減を期待。

15スフィンゴ脂質

16ビルベリー葉エキス

・ビルベリー葉エキスはGABA産生促進作用、抗炎症、抗シワ、ヒアルロン酸産生促進、メラニン生成抑制、保湿、抗酸化作用。

17ワイルドタイムエキス

シソ科タチジャコウソウの地上部から水、 エタノール、グリコール類などによって抽出されて得られたエキス。精油、サポニン類を含んでいます。また、ワイルドタイムエキスは、植物エキスの中でも最高峰のフィラグリン産生促効果をもっています。フィラグリンとは、天然保湿因子(NMF)の元になるタンパク質です。 皮膚中に含まれるフィラグリンを増やすことは、お肌に天然保湿因子を自力生産させ、肌本来の潤いを取り戻すことにつながると考えられています。

18セージ葉エキス

シソ科セージの葉抽出エキス。抗菌作用、血行促進作用、収れん作用などを与えます。

19カラメル

20水酸化K

水酸化カリウムです。苛性カリとも呼ばれ、強いアルカリ性を示し、タンパク質に対し強い腐食性があるため劇物に指定されています。主に石けんを作る際の材料として使われるほか、界面活性剤に配合され強烈な油汚れやタバコのヤニ落としなどに用いられる。また、配管に詰まった毛髪を溶かす用途でも使われる。ただし、劇物に指定されているように非常に物性が強いため、専門的な業者によって使われることが多い。

21塩化Na

22トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

23カルボマー

カルボキシビニルポリマーのこと。水溶性増粘剤で、1%以下の配合で粘度をコントロールできる。耐塩性がやや低い。

24メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

販売元による宣伝文

理想の肌へと導く、エイジングケア用のゲルクリームです。これひとつでスキンケアが完了します。顔だけでなくデコルテにも使用できます。合成界面活性・鉱物油・アルコール・香料 不使用

Pure Design(ピュアデザイン) ピュアエクセレントゲルクリームモイスチャーSの関連商品

Pure Design(ピュアデザイン) ピュアエクセレントゲルクリームモイスチャーSを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。