}elseif($_SERVER[REQUEST_URI]=='/kaiseki/list/treatment'){ レヴール / Reveur ゼロ スカルプ カチオンフリートリートメント| シャンプー解析ドットコム 

レヴール / Reveur ゼロ スカルプ カチオンフリートリートメントの解析結果

レヴール / Reveur ゼロ スカルプ カチオンフリートリートメント

総合順位

1526

総合得点 5点満点

1.7
成分数エキス系特効ダメ
51700
  • レヴール / Reveur ゼロ スカルプ カチオンフリートリートメントの詳細情報
  • レヴール / Reveurの関連商品
  • [JANコード] 4560249794970
  • [商品ID] 6696
  • [容量] 400ml
  • [参考価格] 972円
  • [1mlあたり] 約 2.43円

レヴール / Reveur ゼロ スカルプ カチオンフリートリートメント解析チャート

レヴール / Reveur ゼロ スカルプ カチオンフリートリートメントの解説

意図がわかりにくいコンディショナー

大前提としてカチオンフリーと言う考え方を前面に出しています。

陽イオン界面活性剤を使用しないという意味ですが、これが意味するところは肌に優しいということそれと髪への補修効果が非常に低くなるということ。



それに加え、この製品においてはシリーズで最もヘアケアという目的から外れている印象の処方となっていて、かといって頭皮に積極的に塗れるほど低刺激であったり安全という処方ではありません。



カチオンフリーという意味では、ハゲるようなことはないでしょうが、肌に塗って好ましいに素材がベースとなっているわけではありませんね。

そういうことを踏まえるとスカルプトリートメントとして気軽に使ってメリットがどれほどあるのかなという疑問はあります。



一般的なトリートメントに比べると、4級カチオン界面活性剤がない分、圧倒的に安全であることは間違いありません。

ただし、繰り返しになりますが塗って安心していられるほど安全ではありませんし、それをするメリットが大きいようには見えないのです。



決して素材一つ一つが悪いということはありませんが、何を以てこの製品を使うのかと言う根本的な問いに良い答えが浮かびません。

髪をケアすると言う意図があまり感じられず、かといって頭皮に影響を与えようという感じもない



やや中途半端に感じる処方で何を思って使えばいいのかわかりづらい面がある


レヴール / Reveur ゼロ スカルプ カチオンフリートリートメントの全成分

1

2セタノール

3イソペンチルジオール

4セテアリルアルコール

5ベヘニルアルコール

6トリエチルヘキサノイン

7ステアリルアルコール

8パルミチン酸エチルヘキシル

9セテアリルグルコシド

10アラキルアルコール

11香料

12ステアレス-20

13ホホバ種子油

14テトラ(ヒドロキシステアリン酸/イソステアリン酸)ジペンタエリスリチル

15ステアリン酸PEG-45

16ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル

17ヒドロキシエチルセルロース

18アラキルグルコシド

19メントール

20イソステアリン酸ポリグリセリル-10

21EDTA-2Na

22BG

23クエン酸Na

24サッカロミセス/コメ発酵液

25オレンジ油

26乳酸

27ラベンダー油

28ハッカ油

29レモン果皮油

30エタノール

31アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCl

32ビフィズス菌培養溶解質

33クインスシードエキス

343-ヘキセノール

35乳酸桿菌/ダイコン根発酵液

36DPG

37レシチン

38乳酸桿菌/ハス種子発酵液

39PVP

40キサンタンガム

41ローヤルゼリーエキス

42硫酸Al

43フラーレン

44ホウライシダ葉エキス

45ポリビニルアルコール

46塩化Na

47フェノキシエタノール

48セルロースガム

49リモニウムゲルベリエキス

50

51メチルパラベン

販売元による宣伝文

頭皮のコンディションを整える厳選された成分を配合。
美髪を育むために必要な、健やかで美しい頭皮環境へと導きます。
●カチオン界面活性剤フリー●シリコーンフリー●アミノ酸

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。