解析結果

スカルプD ディグニティ プレミアムシャンプー

広告を含みます。

総合点

1.43

総合ランク

2990個中 2190

成分数

51

植物エキスの数

10

コスパ

0

安全性

0

素材の品質

0

洗浄剤の品質

0

洗浄力

0

髪補修力

0

育毛力

0

使用感の良さ

0

エイジングケア

0

ホワイトニング効果

0

保湿効果

0

スキンケア力

<0

環境配慮

0

浸透力

0

即効性

0

持続性

0

ツヤ感

0

サラサラ感

0

特に優れた素材

4

注意が必要な素材

1
スカルプD ディグニティ プレミアムシャンプー解析チャート シルクドリバー公式オンラインショップ
販売元による宣伝文
スカルプDディグニティシャンプー

確かな研究体制とテクノロジーに基づき、厳選した成分を贅沢に配合。

髪と頭皮のために、想像しうる全てを1本1本に込めました。

上質を求めるあなたのための、こだわりぬいたシャンプーです。
関連商品
スカルプD ディグニティ プレミアムシャンプー解析チャート
広告を含みます。

スカルプD ディグニティ プレミアムシャンプーの解説

10000円超えのスーパー高額シャンプーは果たして・・

シャンプーの特徴としてはまず洗浄剤がソフトであること

そして育毛作用に力がこもっている印象、ということですね。

実際に、洗浄剤のチョイスに関してはアミノ酸系の中でも目立ってソフトで使用感の良いものを取り入れ、基本的に高額らしいといえばらしい構成なのですが、

泡立ちが弱そうな印象が少しある、という面を補うためか、ココイルサルコシンNaという界面活性剤を配合しているのは不可思議。

ピロクトンオラミンもそうだが、殺菌作用もこのシャンプーを語る上で欠かせない要素である。

並の育毛シャンプーと比べても殺菌性は比較的高いのは間違いなく、

フケ症などの対策も兼ねているのかな、という感じがします。

ただ、何も頭皮に問題がないのにこれほどの殺菌力に曝してしまうのはちょっとリスキーだ。

皮膚というのは基本的に殺菌されると良いことのほうが少ない。

常在菌という、皮膚の健康を保っている存在も一旦排除してしまうから。


ちなみに、育毛という観点から見てみるとキャピキシルあり、ホウセンカ、バンジロウエキスあり、成長因子ペプチドあり、と、

素材だけ見るとそれなりに育毛力は期待できそう。

ただ、この値段だからこそという特別な感じのする処方とまでは見えないが・・


確かに割りと良いシャンプーではあるものの、10000円を超えるプライスに見合う何かが、このシャンプーにあるだろうか。

私は、たとえ値札を見ないで商品を選ぶような方にも、このシャンプーは決してベストな選択肢ですよ、とすすめることはないでしょう。

いわゆる、コストパフォーマンスが悪いタイプであるし、

多くの購入者は育毛を期待するでしょうが、このシャンプーが特効薬となったりする可能性については控えめにいっても、ほとんどない。

それは、洗ってすぐ流す必要のあるシャンプーという形態ゆえ、そして全成分においてもスキのないベストな処方だとは言えないクオリティであるから。