Aesop(イソップ) NT シャンプー の解析


総合順位
554位
総合評価 5点満点
2.3
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
232200

[製造販売元] Aesop(イソップ)

[商品ID] 1736
[容量]200ml
[参考価格]2916円
[1mlあたり] 約14.58
洗浄力
50%
素材
48%

安全性

32%

コスパ 

24%

環境 
60%

補修力

38%

ツヤ 
38%
感触 
50%
育毛
70%
洗浄剤
66%

Aesop(イソップ) NT シャンプー の解析

立派なのは値段だけか。


高額な値段設定の割に、何も印象に残らないようなチープな作り。


強過ぎる洗浄力に、取るに足らないようなコンディショニング効果が添加された程度のシャンプーです。



もう一つの特徴として、抗アレルギー作用のあるオイルなどが配合され、その他アロマオイルの添加もありますが、
洗浄剤の質の低さをカバーできるものとまではなりません。


とにかく粗い洗浄性により、頭皮も髪も状態が良くなるとは言いにくい内容でしょう。



もっとずっと安い価格で、何倍も質の良いシャンプーがたくさんある事を考慮すると、
このシャンプーをお勧めする理由はほとんど1つもないと言えるほどです。


Aesop(イソップ) NT シャンプー の全成分

1

2トリデセス硫酸Na

3ラウロアンホ酢酸Na

両性界面活性剤で、非常に低刺激で泡立ちがよく、主洗浄剤の助剤として用いられます。ベビーシャンプーのようなマイルド志向の製品などに採用されます。

4海塩

5コカミドMEA

ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド。非イオン界面活性剤です。増粘、泡質安定、洗浄乳化補助作用を期待して配合されます。コカミドDEAやTEAに発がん性が懸念されたことから、安全性の面でこの成分が採用される傾向がある(ただしコカミドDEAもTEAも通常は全く害になりえない)。また、泡質安定性もこの素材が優秀。

6フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

7クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

8ルリジサ種子油

ボラージオイルとも呼ばれる植物油で、γ-リノレン酸が豊富。母乳にも含まれ、アレルギーなどの緩和に役立ちます。

9ブドウ種子油

リノール酸リッチなトリグリセライド。リッチな感触のエモリエント効果。

10オオベニミカン果皮油

11ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。

12EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

13トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

14ベルガモットミント葉エキス

15グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

カチオン性の毛髪保護剤ですが、あまり効果が高くありません。

16安息香酸

17デヒドロ酢酸

18ウイキョウ果実油

19セイヨウハッカ油

20ローズマリー油

シソ科ローズマリーから抽出したエッセンシャルオイルです。精神を高揚させる作用や、集中力アップ、育毛効果などがあると言われています。

21セージ油

22エチルヘキシルグリセリン

細菌・真菌類の防腐効果がある。

23

メーカーの紹介文

クリーミーな感触で、まとまりにくい髪を扱いやすい状態に洗い上げます。
髪につやとやわらかな手触りを与え、頭皮を清潔に洗い上げます。

Aesop(イソップ) NT シャンプー の関連商品

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。