アイム シャンプー


[製造販売元] アップワード

[商品ID] 5108

アップワード天然ミネラルとクマイザサ葉エキスの相乗作用により、髪と地肌を健やかに保ちます。9種類の植物エキスの相乗作用により、オイリーヘアの脂性抑制、ふけ抑制作用、抜け毛防止、育毛促進作用、頭皮賦活作用が期待できます。弱酸性のアミノ酸系シャンプーなので、地肌と髪をやさしく洗い上げます。

総合順位
403位

総合評価 5点満点
2.72

        
洗浄力
44%
素材
56%
安全性
58%
コスパ 
60%
環境 
74%
補修力
52%
ツヤ 
60%
感触 
56%
育毛
74%
洗浄剤
60%

成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
2741000

[参考価格] 480ml 4968円
[1mlあたり] 約10.35

アイム シャンプーの解析

良い意味でのシンプルさではない

処方自体は馬油を除いてよくある中洗浄アミノ酸系シャンプーですが、 使用感が良いタイプではありません。

[PR]
それなりに洗えるし、エモリエント性もあり、低刺激ですが、

使用感がとても控えめで、満足度の高いタイプではありません。



頭皮の抗炎症などに役立つエキス類配合ですが、やや凡庸。



高額な製品な割に、個性がほとんどなく印象が残らないタイプのシャンプーです。



もっと言えば、これだけお金がかかる理由がどこにあるのかがわからない処方なのです。




アイム シャンプーの全成分

1

2グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

3ラウロイルメチルアラニンNa

アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。

4ラウラミドDEA

ラウリン酸ジエタノールアミドという構造で、増粘・乳化、泡立ち補助目的で配合される非イオン界面活性剤です。

5ココイルグルタミン酸TEA

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

6ラウラミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。主洗浄剤の泡立ち、粘度を調整したり、コンディショニング効果を与える作用があります。きめ細かい泡質。単体では使われることは少なく、補助洗浄剤として用いられます。

71,2-ヘキサンジオール

8ラウラミンオキシド

9ミネラル塩

10クマイザサ葉エキス

11馬油

オレイン酸、パルミトレイン酸などを主成分とする、皮脂の組成に近いオイルです。皮膚馴染み、浸透性が優れ、肌の保護作用があります。

12加水分解シルク

13アルニカ花エキス

キク科アルニカの花から得たエキス。フラボノイド、カロチノイドなどの抗酸化成分や、タンニンの収れん作用、また抗炎症作用などを付与されます。

14オドリコソウ花エキス

シソ科オドリコソウから抽出したエキス。カテキン型タンニンやフラボノイドを含み、収れん作用や抗炎症作用に優れます。

15オランダカラシエキス

セリ科オランダカラシから得たエキス。辛味配糖体シニグリン(ミロン酸カリウム)やビタミン類を含み、血行促進作用、抗菌作用、発毛・皮膚細胞活性化作用があるとされます。

16ゴボウ根エキス

牛蒡の根から抽出。抗炎症・血行促進作用を付与します。

17セイヨウキズタ葉/茎エキス

サポニン、タンニン、フラボノイドなどを含み、抗炎症・収斂、抗酸化作用、保湿作用、清浄作用などを付与します。

18ニンニクエキス

ユリ科ニンニクのエキスです。高い抗菌作用と血行促進作用をプラスします。

19セイヨウアカマツ球果エキス

西洋赤松の球果から抽出したエキスで、血行促進、抗炎症、収れん作用などを付与。

20ローズマリー葉エキス

抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。ローズマリーは天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。

21ローマカミツレ花エキス

キク科カミツレモドキ科植物の花から得たエキス。抗菌・消炎・血行促進作用などを付与。

22エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

23ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

24BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

25PEG-60水添ヒマシ油

可溶化を目的に配合。低刺激。水系での透明処方に適す。

26フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

27香料

香りづけ。

 

メーカーの紹介文

天然ミネラルとクマイザサ葉エキスの相乗作用により、髪と地肌を健やかに保ちます。
9種類の植物エキスの相乗作用により、オイリーヘアの脂性抑制、ふけ抑制作用、抜け毛防止、育毛促進作用、頭皮賦活作用が期待できます。
弱酸性のアミノ酸系シャンプーなので、地肌と髪をやさしく洗い上げます。

アイム シャンプーの関連商品

     

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム解析ストアなどを運営。