アマランス シャンプー


[製造販売元] イリヤ化学

[商品ID] 2547


総合順位
299位

総合評価 5点満点
2.73

        
洗浄力
64%
素材
44%
安全性
54%
コスパ 
66%
環境 
76%
補修力
62%
ツヤ 
52%
感触 
66%
育毛
62%
洗浄剤
78%

成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
234020

[参考価格] 300ml 1995円
[1mlあたり] 約6.65

アマランス シャンプー の解析

[PR]
マイルドな洗浄力と豊かな泡立ちが期待出来るシャンプーになっています。


洗浄ベースは、ココイルグルタミン酸Kにコカミドプロピルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNaと続き、ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルメチルグリシンはカラー毛などに適したコンディショニング効果や使用感。


オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、PEG-7グリセリルココエートあたりがさっぱり感を付与しています。


マイルドな洗い心地でややさっぱり系のシャンプーとなっています。



ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは別名「ペリセア」で高い保湿効果や、被膜・浸透・補修作用。

洗浄剤の刺激低減といった効果も。



洗浄力としてはマイルドな作りになっています。


特に、カラー後に使用する事は謳ってませんが、退色を防ぐ洗浄剤も使用されているので、
カラー後に使用するのも良いでしょう。


基本的にはダメージ毛に対してストレスなく洗える、ということに着目した製品で、
ダメージを改善するというレベルまではいきませんが、スムーズに洗えるシャンプー、と考えて良い一品でしょう。


アマランス シャンプー の全成分

1

2ココイルグルタミン酸K

3コカミドプロピルベタイン

4ラウロイルメチルアラニンNa

アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。

5

6コカミドMEA

7オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

8セテアレス-60ミリスチルグリコール

別名ポリオキシエチレンセトステアリルヒドロキシミリスチレンエーテル。ゲル化・増粘作用を製品に与え、泡立ちを増したり、粘度を高めたりする素材です。

9PEG-7グリセルココエート

10ジステアリン酸グリコール

11ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

12PCA-Na

13グリセリン

14ポリクオタニウム-10

15ポリクオタニウム-7

16ポリブチレングリコール-3PEG/PPG-8/5グリセリン

商品名WILBRIDE(ウィルブライド)S-753。「水性保湿油」をテーマに作られた素材で、高配合してもべたつかず、リッチなエモリエント感を付与できる。安全性に優れ、アルコールなどの溶媒や油脂・極性の高いエステル油にも可溶。取扱しやすく、かつ高い保湿性と快適性を具える。

17エタノール

18クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

19EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

20安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

21フェノキシエタノール

22メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

23香料

 

メーカーの紹介文

柔らかい上質な泡が、やさしく髪を包み込み、摩擦による髪へのダメージを抑え、しっとりなめらかに洗い上げます。

アマランス シャンプー の関連商品

     

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム解析ストアなどを運営。