アルマダスタイル S-20 の解析結果

総合順位
630位
総合得点 5点満点
2.49
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
3451500

アルマダスタイル S-20 の詳細情報

[製造販売元] アルマダ

[商品ID] 1758
[容量]300ml
[参考価格]1080円
[1mlあたり] 約3.6
洗浄力
42%
素材
42%

安全性

16%

コスパ 
44%
環境 
92%

補修力

30%

ツヤ 
28%
感触 
46%
育毛
98%
洗浄剤
60%

アルマダスタイル S-20 の解説

洗浄剤は良いでしょう。

ただしそれ以外は平凡な印象。


アミノ酸系を中心にいくつかの洗浄剤をブレンドさせ、マイルド感あふれる洗浄性を構築しています。


この部分は好感度高め。

少し洗浄力は頼りないですが、肌にやさしいのは間違いありません。


ただ、次にラウリルピリジモニウムクロリドという、カチオン界面活性剤で殺菌効果を取り入れているあたりは若干肌刺激を心配せざるを得ません。


それは、配合量の多さや、カチオン界面活性剤そのものの性質も細胞毒性を伴うものであるから。


パラベンフリーの代償がこれでは、いささか安心感を削がれる思いです。


その他は果物果汁の収れん作用、香り効果や、おなじみのエキスセットによる頭皮環境ちょっと改善効果。


全体としては驚くようなキャラクターは皆無。

控えめなマイルドシャンプーという個性で、
特別コンディショニング効果が強いわけでもなく、マイルドなようで刺激性があり、頭皮環境に良いのかと思いきや在り来りなエキスの配合がある程度。


やや、平凡感が印象に残る淡々とした作りで、
悪くはないのですがそそられないタイプです。


アルマダスタイル S-20 の全成分

1

2ココイルメチルタウリンNa

アミノ酸型洗浄剤の中でもバランスの良さはトップクラス。適度な洗浄性、泡立ちの安定性、低刺激、コンディショニング効果や、ベタつきの少なさなど、シャンプーとして使われる場面では優秀な使用感を提供する。

3コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

4ココイルアラニンTEA

アミノ酸系アニオン界面活性剤です。コンディショニング効果を持ち、適度な洗浄性と安定した泡立ちが特徴。仕上がりはしっとり感やシルク系のさらりとした感触を残します。

5コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

6ココイルグルタミン酸TEA

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

7セテアレス-60ミリスチルグリコール

別名ポリオキシエチレンセトステアリルヒドロキシミリスチレンエーテル。ゲル化・増粘作用を製品に与え、泡立ちを増したり、粘度を高めたりする素材です。

8塩化Na

9フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

10ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

11ラウリルピリジモニウムクロリド

殺菌に用いられる4級カチオン界面活性剤です。

12イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

13クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

14BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

15カンゾウ根エキス

マメ科の植物甘草の根から抽出したエキス。グリチルリチン酸を豊富に含み、細胞レベルでの抗炎症作用や美白作用を期待されます。

16エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

17ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。

18ライム果汁

19紅茶エキス

20オレンジ果汁

21レモン果汁

22グレープフルーツ果実エキス

23サンザシエキス

・サンザシエキスはバラ科サンザシの花、葉、実抽出エキス。フラボノイド、ビタミンCを多く含有し、保湿、美白、収れん作用を与えます。

24ナツメ果実エキス

25リンゴエキス

26アルニカ花エキス

キク科アルニカの花から得たエキス。フラボノイド、カロチノイドなどの抗酸化成分や、タンニンの収れん作用、また抗炎症作用などを付与されます。

27オドリコソウ花エキス

シソ科オドリコソウから抽出したエキス。カテキン型タンニンやフラボノイドを含み、収れん作用や抗炎症作用に優れます。

28オランダガラシエキス

29ゴボウ根エキス

牛蒡の根から抽出。抗炎症・血行促進作用を付与します。

30セイヨウアカマツ球果エキス

西洋赤松の球果から抽出したエキスで、血行促進、抗炎症、収れん作用などを付与。

31セイヨウキズタエキス

ウコギ科西洋木蔦から得たエキスです。サポニン、フラボノイドを含み、抗炎症・抗菌・抗酸化作用・清浄作用を付与します。

32ニンニクエキス

ユリ科ニンニクのエキスです。高い抗菌作用と血行促進作用をプラスします。

33ローズマリー葉エキス

抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。ローズマリーは天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。

34ローマカミツレ花エキス

キク科カミツレモドキ科植物の花から得たエキス。抗菌・消炎・血行促進作用などを付与。

メーカーの紹介文

ラウレスフリー、パラベンフリー、シリコンフリー、着色料フリー、石油系界面活性剤フリー、鉱物油フリーの6つのフリーに加え、界面活性剤として使用していたココイル大豆タンパクKを排除。
体も洗える自然由来のシャンプーとなっています。
また、保湿成分である果汁エキスが傷んだ毛髪にしっとりとした潤いを与えます。
さらに従来品と比べて泡立ちがよくなったにも関わらず、普通にすすいでも泡切れが良く、べたつかずにまとまる、さらっとした質感に仕上がります。
無香料。

アルマダスタイル S-20 の関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。