クオレ AXI シャンプー01


[製造販売元] クオレ

[商品ID] 1890


総合順位
80位

総合評価 5点満点
3.65

        
洗浄力
42%
素材
86%
安全性
72%
コスパ 
80%
環境 
82%
補修力
82%
ツヤ 
84%
感触 
100%
育毛
90%
洗浄剤
80%

成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
305420

[参考価格] 250ml 1944円
[1mlあたり] 約7.78

クオレ AXI シャンプー01の解析

[PR]
カラーケアに有力な一品です。


マイルドでコンディショニング効果を重視したシャンプーであると言えます。


洗浄剤はとても低刺激で穏やかな洗浄性に設定され、カラー毛のケアに定評のあるヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシンをはじめとしたコンディショニング成分が有益。


ツヤ感、保湿、サラサラ感は申し分ないレベルにあると言っていいでしょう。



あまりさっぱりと洗い上げるタイプではないので、ダメージ毛・カラー・パーマ毛のケアを中心に考えたい方向けのシャンプーと考えたほうが間違いありません。


比較的持続するコンディショニング効果がクオリティ高く、特にカラー後にオススメな内容です。


クオレ AXI シャンプー01の全成分

1

2コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

3ココイルメチルタウリンNa

アミノ酸型洗浄剤の中でもバランスの良さはトップクラス。適度な洗浄性、泡立ちの安定性、低刺激、コンディショニング効果や、ベタつきの少なさなど、シャンプーとして使われる場面では優秀な使用感を提供する。

4BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

5コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

6ココイルグルタミン酸TEA

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

7ラウロイルアスパラギン酸Na

アミノ酸型洗浄剤ですが、粘膜刺激が低く、洗浄力も温和で、それなりに泡立ちがあり、とても使用感がソフトで使いやすい洗浄剤です。高価な部類の洗浄剤ですが、特に肌に優しいシャンプー作りの中で使用感も両立させたい場合に重宝するでしょう。

8ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシン

アミノ酸系の両性界面活性剤。カラーの褪色を抑制しながら洗うことができるのが特徴。メインの洗浄剤としてはあまり使われず、補助洗浄剤として投入されるケースがほとんど。

9(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー

(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルクを加水分解テトラエトキシシランと加水分解アルキル(C6-10)トリエトキシシランの縮合物で架橋したもの。

10加水分解コラーゲン

11(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解ダイズタンパク

12加水分解コンキオリン

・加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。

13カタラーゼ

14ゲンキアナ根エキス

15ゴボウ根エキス

16ジステアリン酸PEG-150

親水性の増粘剤です。

17塩化Na

18ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

19PEG-20ソルビタンココエート

20メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

21香料

香りづけ。

22プロピルパラベン

23エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

24(水添ヒマシ油/セバシン酸)コポリマー

25アルキル(C12-14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCI

アミノ酸系両性界面活性剤です。シリコン並の滑りを付与し、帯電を抑制などコンディショニング効果に優れます。同時に傷んだ毛髪に吸着して切れにくくする作用もあります。シリコンとの違いとして、生分解性に優れた素材。

26ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

27マカデミアナッツ油

28フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

29オタネニンジンエキス

神経細胞活性化、免疫・抗炎症作用・血行促進作用、たんぱく質・核酸合成促進作用など多岐にわたる。

30オウゴンエキス

シソ科コガネバナの根より抽出したエキスです。抗炎症・抗アレルギー作用をはじめ抗酸化作用・美白作用・収斂作用などを付与。育毛系の製品でもよく利用されるように、男性ホルモンを抑制する効果があります。

 

メーカーの紹介文

年齢に左右されない新しい力を無限大に引き出す 触れたくなるような、輝きに満ちた美しい髪。
みずみずしさにあふれた健やかな肌。
誰もが憧れるその美しさと若々しさを年齢に左右されることなく守れたら… そんな女性の願いを叶えるべく、AXIは誕生しました。
〈しっとりボリュームダウンタイプ〉 アミノ酸系洗浄成分がベースのマイルドなシャンプーです。
洗い心地も泡立ちも良く、きしみの気になる髪もマイルドにしっとりと洗い上げ落ち着かせます。
太い髪・クセ毛の方にもお使い頂けます。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム解析ストアなどを運営。