ビューティシモ シトラウォッシュ ヘアソープ の解析

総合順位
186位
総合評価 5点満点
3.05
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
323240

[製造販売元] ビーエスピー

[商品ID] 1930
[容量]350ml
[参考価格]2224円
[1mlあたり] 約6.35
洗浄力
58%
素材
56%
安全性
50%
コスパ 
66%
環境 
74%
補修力
70%
ツヤ 
48%
感触 
76%
育毛
76%
洗浄剤
76%

ビューティシモ シトラウォッシュ ヘアソープ の解析

このシャンプーを語るうえで、非常に重要なポイントは2つ。


まず、1つめはリピジュア(ポリクオタニウム-51)、セラキュートG(ポリクオタニウム-92)、ペリセア(ジラウロイルグルタミン酸リシンNa)を配した高い保湿と自然な艶感。


これに加え、低配合量でコラーゲンも作用し全体として保湿力が高い特徴を持たせています。


即効性があり、より自然なリペアによるナチュラルなツヤ感を再現可能な設計と言えるでしょう。



2つめは、名称にあるようにシトラスの効果が決して少なくないこと。


オレンジ油、グレープフルーツ果皮油、レモン果皮油、ライム油、ベルガモット果実油、ラベンダー油と、中盤を制しているこのひとかたまりが製品の使用感に大きな影響を与えています。


さらに、メントールも加わり清涼感を増幅。


この2点がシャンプーの核と言えますので、質としては高く、使用感もフレッシュで好感度の高いものと考えて良さそうです。


洗剤のベースはココイルグルタミン酸TEA、ラウリルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNaという至ってマイルドでしっとり上質な使用感。


むしろ洗浄力としては低いくらいの設定ですから、よりコンディショニング効果を重視した内容の一品です。


ビューティシモ シトラウォッシュ ヘアソープ の全成分

1

2ココイルグルタミン酸TEA

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

3ラウリルベタイン

アニオン界面活性剤と併用することで増粘作用を与える。酢酸ベタイン型両性界面活性剤。

4コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

5ラウロイルメチルアラニンNa

アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。

6PEG-20ソルビタンココエート

7BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

8カキタンニン

・カキタンニンは柿渋に1%-2%程度含まれる成分で、高い収れん作用と加齢臭を分解して消す効果を付与。

9ポリクオタニウム-51

2-メタクロイルオキシエチルホスホリルコリンとメタクリル酸ブチルとの重合体で、通称リピジュアです。生体適合性成分であり、高い安全性とヒアルロン酸を圧倒的に上回る保湿効果が特徴です。

10ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

11ポリクオタニウム-92

・ポリクオタニウム-92は別名セラキュートで、セラミドを模倣した構造でベタつきのない良質な使用感とより自然なツヤを与えます。

12オレンジ油

・油を分解する効果が高いオレンジ油配合。 香りも特徴ですが、脱脂力がややプラスされる点も考慮しましょう。

13グレープフルーツ果皮油

天然防腐剤として使われることの多い成分ですが、実は光毒性があり、一般的な防腐剤よりもリスクの大きい素材です。

14レモン果皮油

15ライム油

16ベルガモット果実油

17ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。

18ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

19ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース

水溶性増粘剤。配合が容易で界面活性剤の刺激を緩和する作用。

20ココイル加水分解コラーゲンNa

コラーゲン素材の洗浄剤です。大変高価でリッチな洗浄性。 あらゆる洗浄剤の中でもトップクラスのクオリティを付与します。

21ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル

お化粧のクレンジング剤として頻出。W洗顔不要タイプの製品に使われるように、水がある環境でもクレンジング効果を発揮し、高い洗浄力を与えます。脱脂するので、肌のアフターケアが必要となります。シャンプーに少量含まれる場合は加脂剤、つまりコンディショニング効果を目的として配合されたりします。

22メントール

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。

23クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

24ポリクオタニウム-7

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。

25フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

26EDTA-3Na

27安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

28メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

29エチルパラベン

30ブチルパラベン

31プロピルパラベン

32香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

髪のダメージ進行を食い止め。
地肌をいたわるデイリーケアソープ。
低刺激の洗浄成分で髪を優しく洗い上げ、地肌に負担を掛けません。
グレープフルーツ、ベルガモット、レモンなどの柑橘系アロマの香り。

ビューティシモ シトラウォッシュ ヘアソープ の関連商品

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。