CCナチュラ ピュアビネガーシャンプー の解析結果

総合順位
756位
総合得点 5点満点
2.3
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
144000

CCナチュラ ピュアビネガーシャンプー の詳細情報

[製造販売元] CCナチュラ

[商品ID] 2029
[容量]500ml
[参考価格]3000円
[1mlあたり] 約6
洗浄力
40%
素材
34%

安全性

38%

コスパ 

36%

環境 
80%
補修力
50%
ツヤ 
42%
感触 
52%
育毛
84%
洗浄剤
52%

CCナチュラ ピュアビネガーシャンプー の解説

とても刺激性の低い弱酸性シャンプー。


基本的に洗浄するだけのシンプルな構成ですが、洗浄剤のチョイスが優れています。


粘膜刺激が低く、比較的さっぱりと洗えて、肌への負担が極上に低いリッチな構成です。


その他に要素がほとんどない、本当にさっぱりした設計ではありますが、
質の良さをストレートに感じられる好印象なシャンプーとなるでしょう。


CCナチュラ ピュアビネガーシャンプー の全成分

1精製水

2グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

3ココイルメチルアラニンNa

低刺激性シャンプーに幅広く使用されます。適度な洗浄力と脱脂力を有しており、しっとりした洗い上がり。ベビーシャンプー並の低刺激性とバランスの良い使用感・泡質が特徴。

4ラウロイルアスパラギン酸Na

アミノ酸型洗浄剤ですが、粘膜刺激が低く、洗浄力も温和で、それなりに泡立ちがあり、とても使用感がソフトで使いやすい洗浄剤です。高価な部類の洗浄剤ですが、特に肌に優しいシャンプー作りの中で使用感も両立させたい場合に重宝するでしょう。

5コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

6コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

7酢酸

8ポリクタオタニウム-10

9エチドロン酸

10メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

11プロピルパラベン

12セテアレス-60ミリスチルグリコール

別名ポリオキシエチレンセトステアリルヒドロキシミリスチレンエーテル。ゲル化・増粘作用を製品に与え、泡立ちを増したり、粘度を高めたりする素材です。

13塩化Na

14香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

髪のパサパサをサラ艶髪に。
手グシで分かる質感はキューティクルクローズから生まれたシャンプーの特徴で、他のシャンプーにはない触媒効果で貴方の髪と地肌を守ります。

CCナチュラ ピュアビネガーシャンプー の関連商品

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。