ちふれアミノシャンプー


[製造販売元] ちふれ化粧品

[商品ID] 5443


総合順位
348位

総合評価 5点満点
2.62

        
洗浄力
62%
素材
32%
安全性
52%
コスパ 
82%
環境 
72%
補修力
68%
ツヤ 
58%
感触 
64%
育毛
50%
洗浄剤
78%

成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
193010

[参考価格] 200ml 540円
[1mlあたり] 約2.7

ちふれアミノシャンプーの解析

[PR]
どシンプルながら、無視できない素材選び。


シャンプーとして「洗う」という機能に絞ったようなシンプルな設計。


ただし、洗浄剤が絶妙に良いチョイスがされているようです。


アミノ酸型洗浄剤、であるだけでなく、その中でも比較的洗えて、サッパリ感があり、コンディショニング作用の良い素材。


特に、ラウロイル加水分解シルクNaは高級品であるし、名前の通りシルキーな使用感、仕上がり。



コストパフォーマンスを考えても、最低限で最良のチョイスがなされているシンプルなシャンプーをお探しの場合に良い選択肢の1つとなり得るでしょう。


ちふれアミノシャンプーの全成分

1

2ラウロイルメチルアラニンNa

アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。

3コカミドプロピルベタイン

4ラウロイル加水分解シルクNa

5ポリクオタニウム-10

6ポリクオタニウム-7

7BG

8ラベンダー油

9コカミドメチルMEA

・コカミドメチルMEAは、一般的なコカミドDEAより起泡性や持続性・泡量が優れる。

10フェノキシエタノール

11安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

12メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

13プロピルパラベン

14クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

15クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

16エチドロン酸

17塩化Na

18

19イソプロパノール

エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

 

メーカーの紹介文

アミノ酸と絹から生まれたシャンプー。
クリーミィな泡立ちで、しげきに弱い頭皮をやさしく守りながら洗い上げます。
油性エモリエント成分ラベンダー油のほのかな香り。

ちふれアミノシャンプーの関連商品

     

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム解析ストアなどを運営。