カウブランド 無添加シャンプー しっとりの解析結果

総合順位
417位
総合得点 5点満点
2.71
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
146000

カウブランド 無添加シャンプー しっとりの詳細情報

[製造販売元] 牛乳石鹸共進社(株)

[商品ID] 6213
[容量]500ml
[参考価格]778円
[1mlあたり] 約1.56

洗浄力

34%

素材
56%

安全性

38%

コスパ 
44%
環境 
76%
補修力
48%
ツヤ 
44%
感触 
68%
育毛
104%
洗浄剤
50%

カウブランド 無添加シャンプー しっとりの解説

ソフトな洗浄性。

・洗浄力が控えめ。


・しっとりするが、保湿効果が高いわけではない。


・防腐剤無添加はちょっと心配

マイルドな洗浄性が特徴で、そこそこ泡立ちもあるバランスをとった処方です。



ベタインやココイルアルギニンエチルPCAあたりが保湿性を与えますが、それほど機能的ではありません。



防腐剤無添加という点が少し気になるところで、

防腐効果を担う他の素材があまりないため、放っておくと腐りやすいという欠陥に繋がる懸念があります。



コストは安い割に洗浄剤は良いのですが、全体の完成度はそれほど秀逸ではありません。



カウブランド 無添加シャンプー しっとりの全成分

1

2DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

3コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

4ココイルグルタミン酸2Na

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

5ココアンホ酢酸Na

皮膚との親和性に優れた両性界面活性剤。強い泡立ち。防腐剤フリーでベビーシャンプーにも適す。

6トリイソステアリン酸PEG-160ソルビタン

7ラウレス-4カルボン酸Na

酸性石けんと呼ばれる洗浄剤・アニオン界面活性剤。石けんといっても分類的には陰イオン界面活性剤であるが、使用感が石けんに似ているさっぱり系。石けんと違い酸性側でも安定して洗浄効果、起泡性を得られる。そして、肌に低刺激。

8セテアレス-60ミリスチルグリコール

別名ポリオキシエチレンセトステアリルヒドロキシミリスチレンエーテル。ゲル化・増粘作用を製品に与え、泡立ちを増したり、粘度を高めたりする素材です。

9ココイルグルタミン酸Na

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

10ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

11ポリクオタニウム-50

12グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

カチオン性の毛髪保護剤ですが、あまり効果が高くありません。

13ココイルアルギニンエチルPCA

ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、安全性が高く抗菌効果を持ち、滑らかなコンディショニング効果を付与します。

14クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

メーカーの紹介文

地肌にやさしい天然由来アミノ酸系洗浄成分配合の弱酸性シャンプー。
洗い上がりうるおって毛先はまとまる髪に。
天然由来コンディショニング成分配合。
ノンシリコーン処方

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。