deep steep(ディープスティープ) グロッシースムージング シャンプーの解析

総合順位
610位
総合評価 5点満点
2.24

[製造販売元] ロイヤル

[商品ID] 5533
[容量]295ml
[参考価格]2484円
[1mlあたり] 約8.42
洗浄力
40%
素材
44%

安全性

36%

コスパ 

32%

環境 
72%

補修力

38%

ツヤ 
34%
感触 
38%
育毛
72%
洗浄剤
52%

deep steep(ディープスティープ) グロッシースムージング シャンプーの解析

洗う要素少なめなシャンプー。


単純に表現するなら、べたっとする印象の処方。


アミノ酸型洗浄剤であるという以上に、かなり大人しい洗浄性であるのは間違いありません。


ほとんど洗うことなく、マイルド感が命!という方には悪くありませんが、
一般的なシャンプーのイメージで使うと戸惑うことになるでしょう。


deep steep(ディープスティープ) グロッシースムージング シャンプーの全成分

1

2アロエベラ葉エキス

ユリ科アロエベラの葉エキスです。創傷治癒、美白、抗炎症作用などを付与。

3

4ホップエキス

・ホップエキスは抗酸化作用、抗菌作用、女性ホルモン様作用による育毛効果。また、メラノサイトを活性化させる作用があり、白髪の予防も期待されます。

5オリーブ葉エキス

・オリーブ葉エキスはオレウロペインを含有したエキスで、皮膚の老化を防ぎ、肌荒れを改善する効果。

6ココイルイセチオン酸Na

ヤシ油脂肪酸とイセチオン酸のエステルをナトリウムで仕上げた界面活性剤です。イセチオン酸とは、分子内にヒドロキシル基とスルホン酸基を有する2官能性の化合物。比較的洗浄性が高く、適度にさっぱり感を付与します。

7ココベタイン

8ココイルメチルタウリンNa

アミノ酸型洗浄剤の中でもバランスの良さはトップクラス。適度な洗浄性、泡立ちの安定性、低刺激、コンディショニング効果や、ベタつきの少なさなど、シャンプーとして使われる場面では優秀な使用感を提供する。

9ココイルグルタミン酸Na

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

10塩化Na

11グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

12ラクチリル乳酸ラウリル

13ザクロエキス

強い抗酸化作用を持つほか、男性ホルモンを抑制する働きがあることから、皮脂分泌をコントロールする効果を期待できます。また、男性ホルモン由来の男性型脱毛を予防する働きも

14ラウロイルラクチレートNa

レシチンなどと組み合わせでセラミドのようなラメラ液晶構造を形成することができる界面活性剤です。また乳化剤として用いられます。

15アルギニン

16カプリン酸ポリグリセリル-4

水溶液上層部における自己乳化オイル処方用乳化剤。PEG(ポリエチレングリコール)フリーの加脂化剤。

17乳酸

18カプリル酸ヤシ油アルキル

天然成分由来のエステルオイルです。ベタつきのない、軽い感触でさらっとした仕上がりを与えます。

19

20グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

カチオン性の毛髪保護剤ですが、あまり効果が高くありません。

21加水分解コメタンパク

・加水分解コメタンパクは細胞の再生を促進。

22ポリアスパラギン酸Na

23コハク酸ジヘプチル

24(カプリロイルグリセリン/セバシン酸)コポリマー

25

26ソルビン酸K

・防腐剤のソルビン酸Kは食品でも使われるマイルドで効果の優れた素材です。
肌への優しさへの考慮を感じられる一面です。

27キサンタンガム

微成分により生成される多糖類です。親水性コロイドとして水系の製品の増粘剤として働きます。温度耐性、pH耐性が高い。

メーカーの紹介文

天然の保護成分で髪と頭皮を優しくケアし、健康な髪に導くノンシリコンシャンプーシリーズ。
すべての製品は、人工香料、石油、鉱油、ナトリウム・ラウリル硫酸を使用しておりません。
ザクロとトウモロコシから抽出した成分が、髪に潤いと光沢を与え、サラサラと風になびくような髪へと導きます。

deep steep(ディープスティープ) グロッシースムージング シャンプーの関連商品

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。