総合順位
235位

総合評価 5点満点
2.82

洗浄力

28%

素材
70%
安全性
46%

コスパ 

36%

環境 
90%
補修力
52%
ツヤ 
44%
感触 
68%
育毛
98%
洗浄剤
50%

成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
153200

[参考価格] 500ml 2700円
[1mlあたり] 約5.4

ゲルファミリー アミノシャンプー の解析

[PR]
上品な洗浄剤を使っています。


シンプルな構成の全成分ですが、ベースにラウロイルアスパラギン酸Na、ココイルメチルタウリンNaを配合して
マイルド感は抜群。


洗浄力はマイルドかつ適度、ベビーシャンプーのようなまろやかさでしょう。


オレンジ油の添加が脱脂力をアップさせていて、全体を通してみると洗浄力自体は低くない。



その他はオウゴンエキスが抗酸化、抗菌作用など。


ダイズは保湿作用。


まさにアミノシャンプー、アミノシャンプーといえばこういうもの、という一品。


使用感はさらさら。

高いコンディショニング効果はないですが、
ダメージ毛でもストレス無く洗える優しい洗浄性。


コンディショニング効果などはあまり期待できませんが、「洗う」ということをシンプルに質良く行いたいならOKでしょう。


ゲルファミリー アミノシャンプー の全成分

[PR]

1

2ラウロイルアスパラギン酸Na

アミノ酸型洗浄剤ですが、粘膜刺激が低く、洗浄力も温和で、それなりに泡立ちがあり、とても使用感がソフトで使いやすい洗浄剤です。高価な部類の洗浄剤ですが、特に肌に優しいシャンプー作りの中で使用感も両立させたい場合に重宝するでしょう。

3ココイルメチルタウリンNa

アミノ酸型洗浄剤の中でもバランスの良さはトップクラス。適度な洗浄性、泡立ちの安定性、低刺激、コンディショニング効果や、ベタつきの少なさなど、シャンプーとして使われる場面では優秀な使用感を提供する。

4コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

5ラウリルベタイン

アニオン界面活性剤と併用することで増粘作用を与える。酢酸ベタイン型両性界面活性剤。

61,2-ヘキサンジオール

7塩化Na

8ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

9ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

10コカミドメチルMEA

・コカミドメチルMEAは、一般的なコカミドDEAより起泡性や持続性・泡量が優れる。

11オウゴンエキス

シソ科コガネバナの根より抽出したエキスです。抗炎症・抗アレルギー作用をはじめ抗酸化作用・美白作用・収斂作用などを付与。育毛系の製品でもよく利用されるように、男性ホルモンを抑制する効果があります。

12ダイズ種子エキス

イソフラボンによる抗酸化作用や女性ホルモン様作用による男性型脱毛の予防、保湿作用、美白作用などを付与。

13オレンジ油

・油を分解する効果が高いオレンジ油配合。 香りも特徴ですが、脱脂力がややプラスされる点も考慮しましょう。

14クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

15BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

 

メーカーの紹介文

弱酸性・無添加のアミノ酸ノンシリコンシャンプー。
自然派低刺激で髪と頭皮にやさしく、ふけ・かゆみ・スカルプケアにも!アロマオレンジの香り

ゲルファミリー アミノシャンプー の関連商品

[PR]
一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム解析ストアなどを運営。