総合順位
223位

総合評価 5点満点
2.9

        
洗浄力
72%
素材
60%
安全性
66%
コスパ 
82%
環境 
70%
補修力
86%
ツヤ 
72%
感触 
92%
育毛
54%
洗浄剤
66%

成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
374030

[参考価格] 1000ml 5130円
[1mlあたり] 約5.13

グッドフィールシャンプー の解析

[PR]
くっきりした洗浄性の大容量シャンプー。



比較的マイルドタッチながら、泡立ちよくさっぱり洗い上げるところは好印象。


ややコンディショニング効果もあるなど、全体のバランスの良さが特徴的な一品。


もちろん、1000mlという容量も個性的。


用途としては業務用ということになるのでしょうが、
このタイプにしては質が悪くないといえます。



クレンジングタイプのシャンプーでありながら、そこそこ低刺激でタッチが良く、さほど悪くない出来栄えといえます。


グッドフィールシャンプー の全成分

1

2コカミドプロピルベタイン

3ラウラミノプロピオン酸Na

4ラウレス-4カルボン酸Na

酸性石けんと呼ばれる洗浄剤・アニオン界面活性剤。石けんといっても分類的には陰イオン界面活性剤であるが、使用感が石けんに似ているさっぱり系。石けんと違い酸性側でも安定して洗浄効果、起泡性を得られる。そして、肌に低刺激。

5PCAイソステアリン酸グリセレスー25

6ココアミンオキシド

7ヘマチン

・ヘマチンは主に豚の血液中のヘモグロビンからグロビンを分離したもの。髪のケラチンへの強い結合力により、毛髪補強,脱毛の抑制,活性酸素除去,チオグリコール酸(パーマ)臭除去,染毛促進など、幅広い有効性を与える。近年、過酸化水素の除去能が白髪の抑制に役立つ可能性も取り沙汰されている。

8ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン(羽毛)

フェザー(羽毛)ケラチン。バージン毛のようなしなやかな弾力を与える良質な素材です。

9(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク

シリル化シルクです。持続性が高く、強固なコーティングを伴うシルク素材で、感触の改善やツヤ、髪の保護効果が高い。

10ベタイン

11加水分解コラーゲン

12セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

13グリシン

14グルタミン酸

15アラニン

16リシン

17アルギニン

18トレオニン

19プロリン

20BG

21ラウラミドプロピルヒドロキシスルタイン

22安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

23ポリクオタニウム-10

24サリチル酸

25クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

26エタノール

27フェノキシエタノール

28エチドロン酸

29EDTAー2Na

30グリセリン

31エチルパラベン

32

33パラベン

34プロピルパラベン

35

36ソルビトール

37香料

 

メーカーの紹介文

弱酸性だから髪や頭皮にも優しく使い心地もマイルド。
軽度のダメージヘアのシャンプーとして最適です。
髪にしっとりした潤いを与えます。

グッドフィールシャンプー の関連商品

     

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム解析ストアなどを運営。