インプライム ボリュームアップシャンプー の解析結果

総合順位
12位
総合得点 5点満点
4.39

インプライム ボリュームアップシャンプー の詳細情報

[製造販売元] ナプラ

[商品ID] 2524
[容量]280ml
[参考価格]2160円
[1mlあたり] 約7.71
洗浄力
52%
素材
98%

安全性

34%

コスパ 
90%
環境 
72%
補修力
130%
ツヤ 
64%
感触 
118%
育毛
108%
洗浄剤
98%

インプライム ボリュームアップシャンプー の解説

これが本当のボリュームアップ

他に類を見ない、まさにサロン仕上げ(いや、それ以上の)ハリ・コシ効果。

誰でも一度で気づく、本物の手応え。

美容室のトリートメントでさえ歯がたたないほど、このトリートメントのケラチンの質の高さと、それを支える補強成分の優秀さが圧倒的なクオリティです。

フェザー(羽毛)ケラチンの質の高さを存分に味わえるのはこのトリートメントのみ、といえるほど貴重。

1度使えばわかる、本物の違い 髪の内部から外側まで、実にさまざまなケラチンが髪を覆い尽くしながら、しなやかさを保つ最高品質の補修効果。

その他にもセラキュートやエンドウタンパクをはじめ強力すぎる布陣で髪を一瞬のうちに再構築します。

難しい話よりも、一度使えばわかる!といえてしまうほど、圧倒的に他とは格が違うボリュームアップ効果です。

これが、本物。



インプライム ボリュームアップシャンプー の全成分

1

2ラウロイルシルクアミノ酸K

シルク原料由来の洗浄剤。ソフトで適度な洗浄性と、シルクならではの滑らかな仕上がり。クリーミーな泡質で泡立ちが良くなります。乾燥後は肌がつっぱらず、しっとりします。

3コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

4コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

5ラウロイルメチルアラニンNa

アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。

6BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

7ラウロイルジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)

8ケラチン(羊毛)

9水溶性コラーゲン

コラーゲンの形をそのままに水に溶解させたのがこの水溶性コラーゲンです。魚の骨や皮、うろこを原料として、匂いが少なく吸収性が高いのが特徴です。

10加水分解ケラチン(羊毛)

ケラチンタンパクを加水分解して得たケラチンPPT(ポリペプチド)です。毛髪に馴染みやすく、髪の強度を高めるシスチンを豊富に含有します。

11(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー

・(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマーはセラキュートというセラミド模倣構造をカチオン化し、ハリ・コシ作用が優れたアンチエイジングポリマー。

12加分解エンドウタンパク

13(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)

シリル化ケラチン。高い持続性をもつ毛髪強化素材。熱に反応してコーティングを強化するヒートプロテインです。

14加水分解ケラチン(羽毛)

フェザー(羽毛)ケラチンです。髪に弾力をもたらすケラチンの中でも、圧倒的にしなやかで柔らかい質感に仕上げます。髪への吸着力に優れ、バージン毛のような仕上がりを期待。

15シア脂

シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。

16アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

17ノバラエキス

18セイヨウノコギリソウエキス

セイヨウノコギリソウは全草が薬用部分で、その精油はアズレンを含み消炎作用があります。また、収れん作用、老化の原因である活性酸素を抑える抗酸化作用や殺菌、抗男性ホルモン作用を付与。

19セージエキス

シソ科セージの葉抽出エキス。抗菌作用、血行促進作用、収れん作用などを与えます。

20タイムエキス

21ラベンダーエキス

22ローズマリーエキス

シソ科常緑樹ローズマリーの葉から得たエキスです。精油としてもおなじみですが、フラボノイド、タンニン、フラボノイド類などを含みます。抗菌作用・抗炎症作用・収れん作用を付与します。

23セテアレス-60ミリスチルグリコール

別名ポリオキシエチレンセトステアリルヒドロキシミリスチレンエーテル。ゲル化・増粘作用を製品に与え、泡立ちを増したり、粘度を高めたりする素材です。

24ココイルアルギニンエチルPCA

ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、安全性が高く抗菌効果を持ち、滑らかなコンディショニング効果を付与します。

25グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

26PEG-20ソルビタンココエート

27ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

28クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

29クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

30EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

31メチルクロロイソチアゾリノン

32メチルイソチアゾリノン

パラベンよりもソフトと言われる防腐剤。ただ、パラベンよりも配合量を大幅に増やさないと効果が出ないため、それほどソフトとも言いきれない。

33フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

34メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

35プロピルパラベン

36香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

健康的な髪本来の立ち上がりと自然な美しさを演出!! 健康的な髪へと導くボリュームアップヘアケアシリーズ。
インナーケアもできるボリュームアップヘアケアシリーズは、使い続けることで毛髪内部にハリ・コシ成分を補いボリュームアップします。
また、ラインナップのボリュームアップミストを併用することで、より長時間効果を持続します。
細毛・軟毛の髪質で思うようにボリュームが出ない方、ふんわりパーマが持続しない・かけてもすぐに傷む方には特にオススメです。
ナプラ インプライム ボリュームアップシャンプーは、根元の立ち上がりと傷んだダメージを補修するシャンプー。
キメ細やかでクリーミーな泡立ちと洗い心地で根元の立ち上がり作用を起こし、ハリのある髪をつくります。
5種類のケラチン・生コラーゲンと栄養成分が髪に作用し、使い続けることで髪本来のハリ・コシを与えると共に自然なツヤのある髪へと導きます。

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。