インセントスカルプ ニョッキ 薬用 泡のスカルプシャンプーの解析

総合順位
363位
総合評価 5点満点
2.51

[製造販売元] 株式会社バスクリン

[商品ID] 5908
[容量]350ml
[参考価格]1944円
[1mlあたり] 約5.55
洗浄力
66%
素材
44%

安全性

24%

コスパ 

36%

環境 
104%
補修力
50%
ツヤ 
24%
感触 
50%
育毛
74%
洗浄剤
74%

インセントスカルプ ニョッキ 薬用 泡のスカルプシャンプーの解析

これでスカルプシャンプーといえるだろうか

育毛シャンプーとしては物足りなさを感じさせるクオリティ。

洗浄剤も中途半端、添加エキス類も突き抜けられない、非常に物足りない印象ばかりが残る一品。

洗浄剤の構成はアミノ酸型を多く採用していますが、ココイルグリシンKのようなほぼ石鹸のような洗浄剤がベース。



泡立ち、洗浄性をよく保つにはアルカリ性寄りに調整する必要がありますから、必然的に肌や髪に良い影響はないと見るべきでしょう。




育毛を狙うにはエキス類も中途半端で物足りず、石鹸よりはマシだが育毛シャンプーというには程遠いシャンプーではないか。




値段を幾分安くするために、中身をだいぶ妥協したんだな、と思われても仕方ない程度のシャンプーです。


インセントスカルプ ニョッキ 薬用 泡のスカルプシャンプーの全成分

1グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

2サリチル酸

強い殺菌性、抗炎症効果を持つ合成有機化合物です。皮膚刺激性がやや高いため、肌の弱い方にはリスクが大きめの成分ですが、ニキビ対策製品などに頻出します。同様に、フケの殺菌用としても用いられることがあります。

3ヤシ油脂肪酸アシルグリシンK液

ココイルグリシンKのこと。アミノ酸型でありながら、石鹸と類似点の多い界面活性剤です。アルカリ性域で泡立ちや洗浄性が活かされるタイプであり、つっぱるような洗い上がり、強い洗浄性も石鹸と類似した構造です。マイルドな洗浄剤とはいえません。

4ラウリン酸アミドプロピルベタイン液

ラウラミドプロピルベタインのことです。両生界面活性剤できめ細かい泡質であったり、使用感の良さが特徴です。単体で使われるよりは、他の界面活性剤の補助役として配合されることが多いです。

5ラウロイルメチル-β-アラニンNa液

中性アミノ酸系洗浄剤。アミノ酸系の中でも比較的洗えるタイプで、コンディショニング効果も付与するさっぱり系の仕上がり。 洗浄性と使用感のバランスが良いのが特徴。アミノ酸系独特のしっとり感が苦手な場合はこの成分ベースの物を選ぶと合うはずだ。

6BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

7エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

8ラウロイルアスパラギン酸Na液

アミノ酸型洗浄剤ですが、粘膜刺激が低く、洗浄力も温和で、それなりに泡立ちがあり、とても使用感がソフトで使いやすい洗浄剤です。高価な部類の洗浄剤ですが、特に肌に優しいシャンプー作りの中で使用感も両立させたい場合に重宝するでしょう。

9ショウキョウエキス

・ショウキョウエキスはショウガの根茎から抽出。血行促進、殺菌、発汗促進作用をはじめ、メントールの清涼作用を増強させる効果も。

10サボンソウエキス

・サボンソウエキスはヨーロッパ原産なでしこ科サボンソウの根、葉から抽出されるエキスで、発泡性があり、汚れを落とす作用があるサポニンを含む。

11セージエキス

シソ科セージの葉抽出エキス。抗菌作用、血行促進作用、収れん作用などを与えます。

12タイムエキス

13ノバラエキス

14ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

15POPジグリセリルエーテル

ポリオキシプロピレンジグリセリルエーテルです。加脂剤などとして、油分を与える、保湿効果を得るといったことを目的に配合されます。

16POE水添ヒマシ油

ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油と呼ばれます。酸化しやすいヒマシ油に水素を添加して酸化防止。安全で感触の良い乳化・可溶化剤です。

17フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

18香料

香りづけ。

19粘度調整剤

20pH調整剤

メーカーの紹介文

新発想!血流実感スカルプケアシリーズ 「髪は血からつくられる」と言われるように毛根に新鮮な血液を送り続けることが大切です。
植物、温泉などの天然成分を役立てる研究を100年以上続けてきた株式会社バスクリンがたどりついた答えは 『血流実感スカルプケア』 絶え間ない血流で健康な髪育む新発想のスカルプケアシリーズの誕生です。

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。