loved ラブド	アルガンオイル、センブリ、ハチミツを配合しマイルドに洗い上げるノンシリコンシャンプーです。さらに、沖縄の海塩『ぬちまーす』を配合。パワフルな自然の力で髪と地肌を清潔に保ち乾燥を防ぎます。水分と油分のバランスを整えることにより、潤いと艶のある健やかな髪へと導きます。シルクのような手触りに。ノンシリコン、ノンパラベンで石油系合成界面活性剤は使用せず、やさしく自然な洗い上がりを実現。安らぎのローズとクチナシの優しい香りに包まれて、優雅な癒しのひとときをお楽しみ下さい。

総合順位
74位

総合評価 5点満点
3.69

        

洗浄力

18%

素材
92%
安全性
80%
コスパ 
86%
環境 
104%
補修力
74%
ツヤ 
90%
感触 
104%
育毛
108%
洗浄剤
50%

成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
4551830

[参考価格] 530ml 2052円
[1mlあたり] 約3.87

loved ラブド クラシックシャンプー の解析

[PR]
以前よりずっとマイルドに変わったlovedシャンプー。



ベタイン、デシルグルコシド、ラウロイルアスパラギン酸Naというコンディショニング作用とさっぱり感があるベース。


低刺激で肌にとても優しいと言えるでしょう。


さらに、コラーゲン誘導体、シルク誘導体、シルク、ケラチン、コンキオリン(真珠)、ホホバ、アルガンオイルと加え、
ほとんどトリートメントであるかのようなコンディショニング効果を付与しています。


エキス類も頭皮環境改善系を並べてなかなかの品質です。


ノバラエキスから始まり、センブリ、ダイズ、クチナシ、ドクダミ、アルニカ、オドリコソウ、オランダカラシ、ゴボウなどなど、、
抗炎症・抗酸化・血行促進・保湿・清浄効果などを付与しています。


トウモロコシ由来のゼインという疎水性タンパク質成分も配合。


ハリコシ、キューティクル補修効果などを期待される成分。



全体としては、もう半ばコンディショナーであるかのような一品です。


さらっとした仕上がりが特徴の作りで、
保湿効果もほどほどにあり、ハリコシ改善という面でも期待できます。


洗浄性はさほど高くありませんが、さらっとした洗い上がりで物足りなさは感じにくいかと思います。


まずまず、使える一品で、ある程度お年を召して髪のハリがなくなってきたかな?という方に適しているものと言えます。


loved ラブド クラシックシャンプー の全成分

1

2ラウラミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。主洗浄剤の泡立ち、粘度を調整したり、コンディショニング効果を与える作用があります。きめ細かい泡質。単体では使われることは少なく、補助洗浄剤として用いられます。

3デシルグルコシド

糖系の非イオン界面活性剤で、洗浄性と泡立ちが優れます。他の洗浄剤と組み合わせて刺激性を抑制したり、使用感を改善する目的で使われます。

4ラウロイルアスパラギン酸Na

アミノ酸型洗浄剤ですが、粘膜刺激が低く、洗浄力も温和で、それなりに泡立ちがあり、とても使用感がソフトで使いやすい洗浄剤です。高価な部類の洗浄剤ですが、特に肌に優しいシャンプー作りの中で使用感も両立させたい場合に重宝するでしょう。

5BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

6ココイル加水分解コラーゲンK

コラーゲン素材の洗浄剤です。大変高価でリッチな洗浄性。 あらゆる洗浄剤の中でもトップクラスのクオリティを付与します。

7ラウロイル加水分解シルクNa

シルクに含まれるタンパク質フィブロインとヤシ油由来の洗浄剤です。非常に肌にマイルドであり、かつ泡立ちがしっかりしている他、シルクならではの非常に優れたコンディショニング効果が特徴のアニオン界面活性剤。とても高額な素材であるという特徴も。

8ラウロイルシルクアミノ酸Na

シルク系洗浄剤として、非常に低刺激でコンディショニング効果の高さもありながら、泡質・泡持ちも良い高級素材です。シルクらしい仕上がり感というのもありますが、一番は低刺激性や使用感の良さがメリットといえるでしょう。

9加水分解シルク

10加水分解ケラチン

11加水分解コンキオリン

・加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。

12ノバラエキス

13クチナシ果実エキス

14ホホバ油

ホホバはアメリカ・メキシコ原産の常緑低木。その種子より得られたオイルです。マッサージオイル・各種キャリアオイルとして、またシャンプー、トリートメントなどに配合され潤いを髪・肌に与えます。

15アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

16センブリエキス

リンドウ科の2年草で、細胞活性作用、抗炎症・血行促進作用を付与します。

17ダイズエキス

18ドクダミエキス

19アルニカ花エキス

キク科アルニカの花から得たエキス。フラボノイド、カロチノイドなどの抗酸化成分や、タンニンの収れん作用、また抗炎症作用などを付与されます。

20オドリコソウ花エキス

シソ科オドリコソウから抽出したエキス。カテキン型タンニンやフラボノイドを含み、収れん作用や抗炎症作用に優れます。

21オランダカラシエキス

セリ科オランダカラシから得たエキス。辛味配糖体シニグリン(ミロン酸カリウム)やビタミン類を含み、血行促進作用、抗菌作用、発毛・皮膚細胞活性化作用があるとされます。

22ゴボウ根エキス

23セイヨウアカマツ球果エキス

西洋赤松の球果から抽出したエキスで、血行促進、抗炎症、収れん作用などを付与。

24セイヨウキズタエキス

ウコギ科西洋木蔦から得たエキスです。サポニン、フラボノイドを含み、抗炎症・抗菌・抗酸化作用・清浄作用を付与します。

25ニンニクエキス

ユリ科ニンニクのエキスです。高い抗菌作用と血行促進作用をプラスします。

26ローズマリーエキス

シソ科常緑樹ローズマリーの葉から得たエキスです。精油としてもおなじみですが、フラボノイド、タンニン、フラボノイド類などを含みます。抗菌作用・抗炎症作用・収れん作用を付与します。

27ローマカミツレ花エキス

28オーキッドエキス

・ラン抽出液こと、オーキッドエキスは抗酸化作用、美白作用を付与。

29ハチミツ

・ハチミツ・ローヤルゼリーなどのエモリエント感が感じられやすく、仕上がりにも保湿感を残すでしょう。

30ニガリ

31海塩

32ゼイン

・ゼインはトウモロコシ由来の非水溶性たんぱく質で、シリコーンに匹敵する指通り・被膜形成力と毛髪のハリ向上、カラーロック、皮膚付着性向上、毛髪強度向上、ツヤ向上といった効果を与える。

33セージエキス

34ユズエキス

35レモングラスエキス

36カプリリルグリコール

静菌作用を有する保湿剤として使われます。

37ポリクオタニウム-7

38ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

39ポリクオタニウム-47

毛髪の摩擦を減らす効果があります。グアーガムやカチオン化セルロースに比べ2倍近く摩擦を減らす性能があります。

40塩化Na

411.2-ヘキサンジオール

42塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン

・肌への密着性、皮膜性を高めるカチオン化デンプンを配合しています。良くも悪くも、肌への残存性が高まる、という効果を得ることができます。

43フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

44DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

45香料

香りづけ。

 

メーカーの紹介文

アルガンオイル、センブリ、ハチミツを配合しマイルドに洗い上げるノンシリコンシャンプーです。
さらに、沖縄の海塩『ぬちまーす』を配合。
パワフルな自然の力で髪と地肌を清潔に保ち乾燥を防ぎます。
水分と油分のバランスを整えることにより、潤いと艶のある健やかな髪へと導きます。
シルクのような手触りに。
ノンシリコン、ノンパラベンで石油系合成界面活性剤は使用せず、やさしく自然な洗い上がりを実現。
安らぎのローズとクチナシの優しい香りに包まれて、優雅な癒しのひとときをお楽しみ下さい。

loved ラブド クラシックシャンプー の関連商品

     

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム解析ストアなどを運営。