洗浄力
70%
素材
44%
安全性
60%

コスパ 

34%

環境 
68%
補修力
58%
ツヤ 
52%
感触 
58%
育毛
60%
洗浄剤
66%

成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
213410

[参考価格] 300ml 1944円
[1mlあたり] 約6.48

マトリキシル スキャルプシャンプー の解析

[PR]
さっぱり洗浄、まずまずなクオリティ
酸性石鹸のラウレス-3酢酸Naは刺激性のやや低い、洗浄力はさっぱりとして弱酸性に調整できる洗浄剤です。


コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸TEAで刺激緩和、泡質を調整。


そして、見どころ成分としてパルミトイルペンタペプチド-4。

これは、抗シワ成分でコラーゲンの生成を促進し、皮膚に潤いを与える成分です。


ただし、すぐに洗い流す前提の酸性石けんシャンプーに配合という点で、有効性は限定的と言えます。



全体としては、ほぼ酸性石けんのシャンプーである、というシンプルなシャンプーと言えます。


ややマイルドで、さっぱりと仕上がり、おまけとして抗シワペプチドを配合。


このような設計であるので、肌の弱い方、ある程度お年を召した方向けと考えられるシャンプーと言えるでしょう。


髪に対するコンディショニング効果はあまりないので、頭皮を優しくベタつかずに洗うことを目的としている方にオススメです。




マトリキシル スキャルプシャンプー の全成分

1

2ラウレス-3酢酸Na

3コカミドDEA

4コカミドプロピルベタイン

5ココイルグルタミン酸TEA

6パルミトイルペンタペプチド-4

マトリキシル... この生理活性ペプチドは線維芽細胞に働きかけ、コラーゲンの生成を促進しシワを改善し皮膚にうるおいを与えます。

7ローズマリーエキス

8カミツレエキス

9ホホバ葉エキス

10ハッカ油

11ポリクオタニウム-10

12エチドロン酸

13クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

14BG

15グリセリン

16カルボマー

17ポリソルベート20

18フェノキシエタノール

19メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

20プロピルパラベン

21香料

 

メーカーの紹介文

頭皮をいたわりながら、古くなった角質や皮脂汚れを取り除く石鹸系シャンプー。
皮膚と同じ弱酸性(pH6.0)なので、敏感肌の方でも安心してご使用いただけます。
天然植物成分ローズマリー・カミツレ・ホホバ葉が、乱れた頭皮のターンオーバーを正常に保ちます。

マトリキシル スキャルプシャンプー の関連商品

     
楽天でマトリキシル スキャルプシャンプー を買う
マトリキシル スキャルプ シャンプー 300ml ポンプ 香栄化学

マトリキシル スキャルプシャンプー を実際に試してみた。

若干、泡立ちが弱いかな、という印象があります。



酸性石けんベースなので、それなりに洗浄力はあるものの整髪料や汚れがあると途端に泡立ちが悪くなるタイプです。



その所為か、せっかくのコンディショニング効果の質の良さも十分に伝わってこない気がします。



ココイルグルタミン酸TEAがベースに配合されていますが、こちらの特徴がどちらかというと主張してしまってるかもしれませんね。



全体的な完成度がやや不足か。


株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム解析ストアなどを運営。