総合順位
166位

総合評価 5点満点
3.14

        
洗浄力
54%
素材
64%
安全性
64%
コスパ 
72%
環境 
70%
補修力
56%
ツヤ 
56%
感触 
64%
育毛
62%
洗浄剤
96%

成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
354110

[参考価格] 250ml 3024円
[1mlあたり] 約12.1

ミュリアム シャンプーF の解析

[PR]
レベル高い、質が良い。



洗浄剤のクオリティがとても良く、質の高い洗浄性を体感できるでしょう。


それに加え、フラーレンの強力抗酸化作用、同じく抗酸化のルチン、チャの配合や、
ヒアロリペア(加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル)の肌バリア構築作用によって洗うたびにスキンケアできるというイメージのシャンプーに仕上がっています。




頭皮環境ケアを実現しながら、理想的に近い洗浄性で洗える好感度の高い一品。


頭皮も髪も喜ぶ、上質でバランス良い万人受けしそうなシャンプーです。


ミュリアム シャンプーF の全成分

1

2ラウロイルメチルアラニンNa

アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。

3コカミドプロピルベタイン

4ココイルグルタミン酸Na

5ラウロイルアスパラギン酸Na

6コカミドメチルMEA

・コカミドメチルMEAは、一般的なコカミドDEAより起泡性や持続性・泡量が優れる。

7PCA

8ラウロイル加水分解シルク

9加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル

10グルコシルルチン

11フラーレン

フラーレンは、多くの抗酸化成分のように自らが酸化されるタイプではなく、活性酸素を吸着させて酸化を防ぐ。 作用できる活性酸素の種類が多く、お肌の表面を10時間以上も活性酸素を掃除してくれる。また、紫外線吸収剤の多くのように紫外線により壊れてしまう(分解してしまう)こともなく、安定性と持続性が大変優れる。ビタミンCの172倍といわれる抗酸化力で、老化の原因となる活性酸素を無害化します。共有結合結晶であるダイヤモンドやグラファイトとは異なり、数十個の原子からなる構造を単位とする炭素の同素体である。物理的に極めて安定で、水や有機溶媒に溶けにくい性質を持つため、利用開発の難易度が高い。

12モモ果実エキス

13オリーブ油

14リン脂質

15スフィンゴ脂質

16グリセリルグルコシド

・グリセリルグルコシドは糖とグリセリンがくっついた保湿剤。泡質の改善、滑らかさの付与、保湿効果などを与えます。

17チャ乾留液

18グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

19グリセリン

20スクワラン

21ポリクオタニウム-10

22PEG-40水添ヒマシ油

23ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル

・お化粧のクレンジング剤として多用されるヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルですが、シャンプーに少量含まれる場合は加脂剤、つまりコンディショニング効果を目的として配合されたりします。

24ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース

25PEG-20ソルビタンココエート

26イソステアリン酸

27塩化Na

28BG

29PG

30PCA-Na

31ペンテト酸5Na

キレート剤。

32メチルイソチアゾリノン

パラベンよりもソフトと言われる防腐剤。ただ、パラベンよりも配合量を大幅に増やさないと効果が出ないため、それほどソフトとも言いきれない。

33エチルヘキシルグリセリン

34フェノキシエタノール

35香料

 

メーカーの紹介文

シルク由来のPPTがダメージを補修しながらサラサラ感をアップ。
ベタつきのないサラッとしたオイルをブレンドすることで、うるおいのあるなめらかなツヤ髪へ導きます。

ミュリアム シャンプーF の関連商品

     

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム解析ストアなどを運営。