ナノアミノプレミアム シャンプー モイスチャー の解析結果

総合順位
461位
総合得点 5点満点
2.65
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
296010

ナノアミノプレミアム シャンプー モイスチャー の詳細情報

[製造販売元] ニューウェイジャパン

[商品ID] 2913
[容量]250ml
[参考価格]3024円
[1mlあたり] 約12.1
洗浄力
60%
素材
44%

安全性

34%

コスパ 
44%
環境 
80%
補修力
56%
ツヤ 
26%
感触 
60%
育毛
84%
洗浄剤
76%

ナノアミノプレミアム シャンプー モイスチャー の解説

強めなクレンジング性。


はっきりとした洗浄力の高さが特徴のシャンプーです。


添加剤のハリ・コシ・保湿成分が目を引きますが、基本的な部分ではいささか安物感を漂わせる内容。



スルホコハク酸ラウレス2Na、PEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Naはともに脱脂力が強力で、環境には優しいものの人体にはすこしばかり負担に。


一般的なラウレス硫酸Naタイプのシャンプーよりは(近いものはありますが)マシといえるレベル、という程度で、
「プレミアム」を称するシャンプーとしては残念といえる設計です。


ハリ・コシも出ますが、やや脱脂が強いことも手伝って髪の摩擦が大きくなる影響もあります。


ナノアミノプレミアム シャンプー モイスチャー の全成分

1

2スルホコハク酸ラウレス2Na

脱脂力はそこそこにあるが、肌への刺激性は控えめで生分解性も良い。さっぱり洗いたい方に向いている洗浄剤です。防腐剤に安息香酸ナトリウム。

3PEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na

コカミドMEAのポリエチレングリコールエーテルの硫酸エステルのナトリウム塩です。高い洗浄力と泡立ち力を持ちますが、アミド基を持つことで肌刺激はソフトに。

4ラウラミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。主洗浄剤の泡立ち、粘度を調整したり、コンディショニング効果を与える作用があります。きめ細かい泡質。単体では使われることは少なく、補助洗浄剤として用いられます。

5コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

6ラウロイルメチルアラニンNa

アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。

7ラウリン酸グリセリル

8ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)

疑似セラミドです。セラミドを模倣した素材で、保湿効果を付与。

9ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン(羊毛)

ケラチンをゆっくりと溶解・精製した高分子量γケフトースの4級カオチン化誘導体です。髪のダメージ部に選択的に吸着し、髪の弾力性・保湿性を高めます。

10加水分解コラーゲン

11ヘマチン

・ヘマチンは主に豚の血液中のヘモグロビンからグロビンを分離したもの。髪のケラチンへの強い結合力により、毛髪補強,脱毛の抑制,活性酸素除去,チオグリコール酸(パーマ)臭除去,染毛促進など、幅広い有効性を与える。近年、過酸化水素の除去能が白髪の抑制に役立つ可能性も取り沙汰されている。

12水添レシチン

大豆リン脂質もしくは卵黄リン脂質に水素を添加した形。天然の界面活性剤であり、水素を添加してレシチンにありがちな臭いの問題をクリアにしています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

13トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

14ポリクオタニウム-7

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。

15クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

16クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

17ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

18安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

19EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

20グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

211,2-ヘキサンジオール

22ラウリン酸ポリグリセリル-10

親水性乳化剤。

23ラウラミノプロピオン酸Na

アミノ酸型の両性界面活性剤です。起泡性の強化や増粘作用、刺激緩和といった効果を期待して配合されます。

24BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

25エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

26フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

27メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

28プロピルパラベン

29香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

重くならず、「しっとりしながら軽い」未体験の感覚。
毛先まで極上のしなやかさと潤い感で、この上ない上質な髪へ。
高濃度ナノCMCに加え、修復成分のヘマチンを高配合。
贅沢な美容成分でダメージヘアをより一層修復しながら洗い上げます。
毎日使うものだからこそ、敏感肌にもやさしい安全性にこだわりました。

ナノアミノプレミアム シャンプー モイスチャー の関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。