総合順位
277位

総合評価 5点満点
3.03

        
洗浄力
74%
素材
64%
安全性
62%
コスパ 
54%
環境 
68%
補修力
48%
ツヤ 
50%
感触 
52%
育毛
78%
洗浄剤
88%

成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
2411000

[参考価格] 300ml 3703円
[1mlあたり] 約12.34

ニーズプラス 育毛シャンプー の解析

[PR]
シンプルでそこそこ良質なスキャルプシャンプー。



アミノ酸型+オレンジ油によるマイルドで適度な脱脂力をベースに、
エキス類はありがちですが頭皮ケアタイプで定番のチョイス。



とてもシンプルな印象の設計で、素材選びに関しては悪くないレベルであるといえます。


ただし、ごくごくシンプルなわりには、やや割高であるという点や、
ずば抜けて高品質、というほどの特徴もなく、
あまりわかりやすく印象に残るタイプではないでしょう。


逆に、頭皮に穏やかで安心して使えるシャンプーをお探しであれば、まずまず満足度高い。


ニーズプラス 育毛シャンプー の全成分

1グリチルリチン酸ジカリウム

細胞レベルで抗炎症作用をもたらす甘草由来の素材。また、白血球内の免疫細胞を強化する働きもあるとされています。

2ローヤルゼリーエキス

・ローヤルゼリーエキスは免疫増強作用、 抗菌作用、 保湿作用、 皮脂分泌調節作用を示します。

3アルニカエキス

4カモミラエキス-1

5スギナエキス

6オトギリソウエキス

弟切草。セント・ジョーンズ・ワート(St. John's wort)という呼び方も。テリハボク科のハーブ、セイヨウオトギリソウ・コゴメバオトギリソウの花、または全草から抽出。創傷治癒や抗鬱、AIDSの治療薬としても。毛髪の成長を促す効果が期待される。

7セイヨウノコギリソウエキス

セイヨウノコギリソウは全草が薬用部分で、その精油はアズレンを含み消炎作用があります。また、収れん作用、老化の原因である活性酸素を抑える抗酸化作用や殺菌、抗男性ホルモン作用を付与。

8セージエキス

9ゼニアオイエキス

10トウキンセンカエキス

11シナノキエキス

フユボダイジュエキスとも呼ばれるエキスです。タンニン・フラボノイドを含み、血行促進、収斂、抗炎症作用などを付与。

12トレハロース

13オレンジ油

・油を分解する効果が高いオレンジ油配合。 香りも特徴ですが、脱脂力がややプラスされる点も考慮しましょう。

14塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース

ポリクオタニウム-10と呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

15ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液

コカミドプロピルベタインのこと。両性界面活性剤で、粘度調整・洗浄力の調整、泡質の改善やコンディショニング作用の付与。

16

17

18POE(20)ヤシ油脂肪酸ソルビタン

19POE(60)水添ヒマシ油

20

212-ペンタンジオール

22BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

23フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

24pH調整剤

 

メーカーの紹介文

きめ細かい泡立ちで髪と頭皮を清潔に保ち、健全な状態を維持する育毛・養毛用薬用シャンプーです。
また、脱毛の原因となる皮脂の分泌も抑えます。
医療の現場で開発された髪と頭皮にやさしい天然系エキスを配合。
医薬部外品。

ニーズプラス 育毛シャンプー の関連商品

     

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム解析ストアなどを運営。